この子誰の子?


昭島市の猫

 今日はよく晴れて湿度も低く、爽やかないい天気だった。朝の散歩は1時間20分コースで、東中神駅から南に向かって歩いてみた。最初に見つけたのは庇の上の黒。晴れた朝だったのでコントラストが高く、家に帰ってから調整するのが大変だった。
昭島市の猫

 晴れた日の黒猫の場合、コントラストはどうにもならない部分があるが、両目が光っていれば何とか見られる写真になる。
昭島市の猫

昭島市の猫

 見つけた時は道路端に佇んでいたが、俺に気づくなり逃亡を図った黒白。
昭島市の猫

 あの顔立ちは女の子っぽい。撮りにくいところに逃げてくれるなあ。
昭島市の猫

 マンションの傍らにまた黒がいた。実はここに来る直前にも別の黒を見かけたんだが、そちらは近所の人に構われていたのでスルーした。この辺りは黒が多いのかな。
昭島市の猫

昭島市の猫

 ちょうど電車が着いたので一緒に撮っとこうかね。
昭島市の猫

 首輪をしているのでたぶん飼い猫。人懐っこくて、指の匂いを嗅がせることに成功した。
昭島市の猫

 いつもの公園には美人さんの妹がいた。
立川市の猫

 にゃあにゃあ鳴いて、今朝は機嫌が良さそうだ。
立川市の猫

 なので、ごろーん。
立川市の猫

 ごろーん。
立川市の猫

 いいねえ。
立川市の猫

 会社近くまで来ると、ラブホ横丁にいつものサバトラがいた。
立川市の猫

 ここは周りの建物の壁がピンクなので、色味がおかしくなることが多いんだが、今日はちゃんとグレーになった、
立川市の猫

 今日は突発の仕事が入ったので、お昼休みは13時半すぎから1時間。こんな時間に猫なんかいねーよなどと思いながら歩いていたら、路地端で寝ている三毛を発見。
立川市の猫

 起こしてしまってホントすんません。
立川市の猫

 暑かったのでお昼の収穫はほとんどなく、会社近くまで戻ってくると、民家の敷地に七三ファミリーの父と母がいた。……あれ、あんたらまた子供作ったの?
立川市の猫

 子供の顔を見ようと裏手に回ったら、三毛の子もいた。妊娠していたようには見えなかったがなあ。
立川市の猫

 少なくともこの三毛は、七三の両親からできた子ではない。父(黒白)はO遺伝子座がoYだし、母(キジ渦白)はooだ。両親ともに毛色を茶色くする優性のO遺伝子を持っていないのに、子供が三毛(Oo)になることはあり得ない。母に妊娠していた様子がなかったから、もしかしたら父が別のメスに産ませた子なのかも知れない。でも猫ってそういう子の面倒まで見るかなあ。
 ……にしても、この子らも生まれてきていきなり真夏を迎えるんじゃ大変だな。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 名古屋市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  2. 川崎市の猫
  3. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  4. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  5. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  6. 府中市の猫
  7. 日野市の猫

    2020.6.27

    保護土嚢
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP