不思議な色斑


八王子市の猫

 曇りのち雨という予報だったので、今日の散歩は雨見と猫見を洒落込むつもりでいたんだが、朝目覚めたらピーカンの青空。また命がけで歩くのかと思ってがっかりしつつ、サチコと一緒に寝床でうだうだしているうちに、窓の外が暗くなってきて、家を出るお昼ごろにはiPhoneのアプリが雨の近いことを知らせてくれるまでになった。天気予報は当たったのだった。
 とはいえ傘が必要になるほどではなく、速い雲の動きに合わせて、降ったり止んだりを繰り返すような天気。どちらにしても猫は日陰に潜んでいるので、探すべき場所は晴れの日とそう変わらない。
八王子市の猫

 行き倒れ的に寝ているな。念のため呼んでみようか。
八王子市の猫

 「ん?」
八王子市の猫

 お休みのところ済みませんね。生存確認が済んだので、もういいです。
八王子市の猫

 今日の散歩は西東京バスの追分バス停から八王子駅まで。定点の猫拠点では久しぶりの灰白を見かけた。この子は頭のてっぺんの灰色の色斑が特徴。普通、体の模様は成長とともに大きくなると思うんだが、この子の頭の色斑は子猫の時からあまり大きさが変わらない。相対的に顔がでかく見えるので、会ってもすぐには誰だか思い出せない。ちなみに去年6月の様子はこちら
八王子市の猫

八王子市の猫

 並びの家々にもそれぞれ猫が張り付いている。こちらは寄り目のキジトラ。
八王子市の猫

 その隣にはキジ白もいた。
八王子市の猫

 車の下から顔だけ出して寛ぐ猫発見。
八王子市の猫

八王子市の猫

 ああっ、行かないでー。
八王子市の猫

 尻尾の先端だけ白い不思議な毛色の子。もっとちゃんと観察したかったのに、一目散に逃げてしまった。
八王子市の猫

 同じ路地に茶色いのがもう1匹。
八王子市の猫

八王子市の猫

 俺が届かないと思って余裕かましている茶トラ白。今日はこれでおしまい。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 青梅市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 調布市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 多摩市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 日高市の猫
  4. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号
  5. 福生市の猫

    2020.3.23

    初めての挨拶
  6. 日野市の猫

    2020.3.22

    大きなキジ白
  7. 国分寺市の猫
  8. 多摩市の猫

    2020.3.20

    夜の六花咪

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP