ブアイソーズに新顔


立川市の猫

 少しずつ秋色が濃くなって、気温も下がってきたのでほっとしているが、猫にとってはすでに寒い時期に入っている。夏の間のほとんど毎日、農家の納屋の屋根でごろごろしていた長毛猫も、9月に入った途端、ぱったり見かけなくなった。もっと暖かい場所に移動したものと思われる。
 我が家の2匹はまだ布団の中に入ってこない。居間に置いてある真空管アンプはほとんど一日中つけっ放しだし、猫サーバは24/365で動いているし、俺のパソコンのデュアルモニタもかなりの熱を発しているから、室内で過ごす分には、まだ寒くは感じないのだろう。もっとも、サチコに限っては、ここのところ布団の上で脱糞することが増え、俺の寝床をトイレと認識して避けられている可能性がある。叱ると落ち込んで元気をなくすので、粗相した時は撫でてやって、ぬるま湯でお尻を洗ってやることにしているが、それだとむしろ逆効果のような気もしている。
 今朝の散歩はブアイソーズのご機嫌伺いのため、矢川から立川まで歩いてみた。ブアイソーズ公園に近づいて、少し手前の農機具置き場を覗くと、中で白いのが眠りこけていた。
国立市の猫

国立市の猫

 わずかな空気の動きを察したのか、むくりと上体を起した。この敏感さは、農家の鼠対策要員ならではだな。
国立市の猫

 久しぶりにブアイソーズ公園を訪れてみると、猫用と思しき仮設住宅が設置され、その前で茶トラ白が香箱を組んでいた。
国立市の猫

国立市の猫

 腰巾着の茶トラ白。ひっついて回る相手はいなくなってしまったけれども。
国立市の猫

 うしろの子は初めてだね。
国立市の猫

 まだ若いキジトラ。ほかのメンツとはとは一線を画すフレッシュさ。
国立市の猫

 「フレッシュじゃなくて悪かったね」
国立市の猫

 ぐう。
国立市の猫

 古いメンツは物置の上で怠惰に過ごしている。朝ごはんはまだ来ないようだ。
国立市の猫

 大きな桜の猫民家。常駐のオッドアイが今朝もいた。
立川市の猫

立川市の猫

 お洒落なのつけているね。きっと女の子なんだろうけど、こういう事例もあるから、性別は現物を見ないと断定できないな。
立川市の猫

 視線が冷たいような気がする……。
立川市の猫

 七三の縄張りでは婆さんを見かけたが、目が合ったら奥の方へ引っ込んでしまって撮影不能。最後にカメラに収まったのは高みで寛ぐ三毛子の子だった。
立川市の猫

立川市の猫

 近寄ったら逃亡態勢に入った。この子は何度会っても懐かないな。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 朝霞市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  5. 昭島市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP