迷惑顔の白


八王子市の猫

 俺は死ぬこと自体が極楽だと思っているので、喪に服すという概念を持っていない。にもかかわらず今般、四十九日が過ぎるまでは大人しくしていた方が良いと感じたのは、閻魔様の裁きがどうとかではなく、その期間、残された親族(特に喪主)はとてもストレスフルで多忙な日々を送ることになるからだ。ちゃんと休養しないと心も体も持たないよという先人の教えが、形を変えて現代に伝わっているのではないだろうか。一日だけの休暇にやるべきこと(やりたいこと)を全部突っ込むため、昨日は4時に起きて活動を始めたが、20時すぎには精根尽き果てて、ブログの更新もできずに寝てしまった。昨日の散歩で会った愛くるしい猫たちは明日載せるので一つよろしく。
 今朝の出勤前の散歩は定番の東中野バス停~多摩センターを歩いた。雨が降り出す直前でかなり暗かったせいか、それほど多くは見かけなかった。
八王子市の猫

 定点の猫民家に朝ご飯待ちと思しき三毛がいた。
八王子市の猫

 相方のキジ白は不在。畑の見回りにでも出かけたかな。
八王子市の猫

 広場の奥で常駐の2匹が所在なげにしていた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 君の相方は相変わらず逃げ足が速いね。
八王子市の猫

 茶トラと黒白の関係は分からない。親戚でもない赤の他人(他猫)が一箇所に集まって、じゃれ合うでもなく、ただ佇んでいる場面を時々見るが、あれはいったいどういう関係性なのだろう。
八王子市の猫

 迷惑顔の白は時々見かける子。
八王子市の猫

八王子市の猫

 とても臆病な子だが、今朝は逃げ切らない。まだご飯が済んでいないからと思われる。
八王子市の猫

 「分かってるなら早く行ってよ」
八王子市の猫

多摩市の猫

 最後の猫は谷戸公園近くに建つ高台の民家で見かけた。飄々とした感じの三毛だった。
多摩市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 所沢市の猫
  4. 江東区の猫
  5. 江東区の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 小金井市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 相模原市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 府中市の猫
  8. 川崎市の猫

    2020.5.17

    サス残し

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP