紅白の丘


日高市の猫

 17:45現在、台風18号は暴風域を伴ったまま四万十市付近にあって、35km/hの速さで北東へ向かっている。このまま行くと明日未明には能登半島付近に達し、関東にも影響をもたらす可能性がある。もともと今日は出勤日だったところ、横田基地の友好祭に行きたくて同僚に勤務シフトを替わってもらったんだが、台風が通り過ぎるまで雨は止みそうにない。基地で猫を探せるのは年に一度の友好祭だけだし、来年の今ごろは猫散歩を引退しているはずなので、残念だが諦めるほかなさそうだ。
 今日紹介するのは一昨日の猫散歩から。春は桜、秋は彼岸花を訪ねて、日高市には定例的に訪れているが、去年は引っ越しや再婚の準備で彼岸花が拝めなかった。今年も喪主関係業務で忙しいが、一昨日の午前中が空けられたので、頑張って早起きして出かけたのだった。
 八王子から八高線に乗り、東飯能で西武池袋線に乗り換え、目的地の高麗に着いたのは6:50。やや薄雲がかかっていたがまずまずの天気で、猫拠点の猫たちもすでに起きて活動しているようだった。
日高市の猫

日高市の猫

 彼岸花の小径をとことこやって来たキジ白。ここでご飯待ちの態勢に入った。
日高市の猫

 クリーム猫はおトイレ中。爽やかな一日はスムーズなお通じから。
日高市の猫

 そして所定(?)の位置についた。
日高市の猫

日高市の猫

 人懐っこい長毛二毛ちゃん発見。元気だったかー。
日高市の猫

 この子はついて回ってすりすりする子。間合いを取らないと写真が撮れないので、一人と一匹で行ったり来たり。
日高市の猫

日高市の猫

 付き合わせちゃって悪いね。
日高市の猫

 キジ白、クリーム、長毛二毛の3匹はみんなここの常駐で、桜の季節に訪れた時にも会っている。このほか三毛もいるはずで、長毛二毛といつも一緒にひっついて回っていたんだが、この日は会えずじまいだった。
日高市の猫

 長毛二毛は愛嬌のある子。ひっつく相手は誰でもいいみたいね。
日高市の猫

日高市の猫

 猫のお立ち台でごろりごろり。
日高市の猫

 7時半を過ぎて、通学の小中学生やハイカーの往来が増えてきた。この子たちもきっと撫でられ業務があるのだろうから、そろそろおいとましようかな。
日高市の猫

 そして次の猫拠点。民家の敷地からこちらを睨むのは茶渦白。
日高市の猫

 我が家のマコちゃんと同じ毛色なので、印象に残っている子。会うのは2年8ヶ月ぶり。
日高市の猫

日高市の猫

 刺客A参上。
日高市の猫

 刺客B参上。
日高市の猫

日高市の猫

 相変わらず君たちは鼻が利くね。でもあれは俺のご飯だから食べちゃダメだよ。
日高市の猫

 チョコ白は触っても平気。尻尾の付け根を撫でてモデルになってもらっていると……、
日高市の猫

 連係プレーかよ!
日高市の猫

 「ちぇっ、バレちゃ仕方がない」
日高市の猫

日高市の猫

 「おいしい牛乳」は猫にとっても美味しいのか、来るたびに入れ替わり立ち替わり狙われる(今春とか昨秋とか)。いつものように壮絶な攻防を経て戦いに疲れた俺たちは、ほどなくそれぞれの帰途についたのだった。移動3時間半、現地滞在1時間半の猫散歩だった。
日高市の猫

関連記事一覧

  1. 中央区の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  5. 昭島市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP