猫実猫


浦安市の猫

 日本国内に「猫」のつく地名はどのぐらいあるのかと思って、郵便番号検索ソフトで検索したら、東は山形県新庄市十日町猫屋敷、西は広島県広島市中区猫屋町まで21箇所と出た。そのうち福島県石川郡石川町猫啼には「猫啼温泉」というのがあって、20年ぐらい前に音楽仲間と泊まりに行ったことがある(ただし猫はいなかった)。そんな流れで、今日は始発電車に乗って、家からいちばん近い千葉県浦安市猫実の猫を探しに出かけてみた。
 浦安といえば某巨大ネズミ帝国のイメージが強いが、もともとはアサリやハマグリ、海苔などを産出する鄙びた漁村であり、今も下町には往時の雰囲気がわずかに残っている。漁村といえば猫だ。
浦安市の猫

浦安市の猫

 「おいらのひいひいひいひいひいお爺ちゃんのころは、もっとたくさんの猫がいたそうだよ」
浦安市の猫

 今でも結構いるっぽいぞ。
浦安市の猫

 海苔屋の向かいの公園にも茶トラがいた。みんな飼い猫のように見えるね。
浦安市の猫

浦安市の猫

 さっきのキジ白も合流。
浦安市の猫

 今度も飼い猫。色んな首輪があるね。
 うちのサチコも、かつて一日だけ首輪をしたことがあるが、朝つけてやって夜帰ってきたら、下顎に引っかけてじたばたしていたので、以来我が家では首輪をしない方針になった。
浦安市の猫

浦安市の猫

浦安市の猫

 猫実某郵便局にて。ポストの上に猫が座っているなどという偶然はさすがになかったが、隣の駐車場で子猫が遊んでいた。
浦安市の猫

 これはお母さんかな。ずいぶん若いみたいだけど。
浦安市の猫

 車の下にも大きいのと小さいのが潜んでいる。
浦安市の猫

 10分粘ってようやく灰白の子猫が顔を出してくれた。
浦安市の猫

 路地の奥に茶トラ発見。
浦安市の猫

 ……洗濯機の上にもいた。
浦安市の猫

浦安市の猫

 あらら、たくさんいるね。白いのは兄弟かな。
浦安市の猫

 とりあえず猫実猫はここまで。このあと舞浜駅まで歩いてみたが、某巨大ネズミ帝国付近に猫はまったくいなかった。恐らくネズミに滅ぼされたに違いない。続きがちょっとだけあるので、いずれまた。
浦安市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 国分寺市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 小平市の猫
  6. 高雄市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫
  2. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  3. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  4. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  5. 府中市の猫
  6. 日野市の猫

    2020.6.27

    保護土嚢
  7. 立川市の猫
  8. 三鷹市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP