ゆっくり1号の寝床と固定資産税


立川市の猫

 今日は例外的に16時半からの夜勤で、猫関係業務は13:10スタートとやや遅めだった。柴崎体育館から西国立という代わり映えのしないコースを選んだのは、七三の母や婆さんに会いたかったのと、ゆっくり1号の縄張りに寄りたかったから。日差しがなく気温の低い日だったが、1匹目は割とすぐに見つかった。
立川市の猫

立川市の猫

 車の上からこちらを見つめる黒白。若い顔つきに見えるが、実はおっさん。なぜそんなことが分かるのかというと、初めて会ったのが2012年2月で、少なくとも6歳(人間換算で40歳)にはなっているはずだから。
立川市の猫

 今日の目的の一つ、ゆっくり駐車場へのアプローチ。玄関先に3匹の猫が見えているのはひとまず置いといて、今日ここに来たのは、ゆっくり1号の寝床(正確にはその隣の土地)の様子を見たかったから。寝床の向こうには広い敷地に廃屋が建ち並び、伸び放題の庭木や雑草が森のような様相を呈して、かなり荒れた状態が続いていた。どんな廃墟でも家さえ建っていれば固定資産税の優遇措置が受けられるので、そこもそうした理由で放置された土地と思われたが、さすがに近隣からの苦情が多かったらしい。加えて一昨年5月、空家対策特別措置法というのが施行され、廃墟化した家が「特定空き家」に指定されると、税金の優遇措置を受けることができなくなった。
 他人の土地なので本当の理由は分からないが、とにかく数週間前にゆっくり邸を訪れた時には、すでに解体工事が始まっていて、現場監督のおっさんが「予想以上に荒れていて、作業が難航している」とこぼしていた。さすがに終わっただろうと思って今日再び訪れたわけだが、まだ中盤にも至っていないように見受けられた。
立川市の猫

 「休日返上で朝から晩までやっているから、落ち着かないんだ」
立川市の猫

 縄張りの巡回にも出られず、暇そうな猫たち。
立川市の猫

立川市の猫

立川市の猫

 今日は文章が長くなってしまったので、最後はあっさり終わっとく。
立川市の猫

立川市の猫

 七三ファミリー婆さんに会えて嬉しかった月曜の午後。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 新宿区の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  4. 府中市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 相模原市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP