みんな意外に起きている


昭島市の猫

 2018年11月の台湾猫旅で、中華電信の服務中心まで出向いて買ったプリペイドSIMの有効期限が切れてしまい、アプリからリチャージできなくなった。せっかくもらった台湾の電話番号も無効になってしまった。
 一方、先日買ったiPhone 8 Plusは俺には大きすぎるので、初代SEを使っている妻へ譲ることにして、俺自身は改めて第二世代のSEを買った。この機種はデュアルSIM(nanoSIM+eSIM)なので、台湾のキャリアがeSIMに対応してくれれば、行った時に差し替える手間が省けていいのだが、調べたところ当分対応する予定はなさそうだ。3香港やUbigiといった海外ローミング業者はすでにeSIMに対応しているが、これらはデータ通信専用なので音声通話が使えない。日本と同様、台湾も大手キャリアが顧客を掴んで離さない構造(ゆえにeSIM対応に消極的)なのだろうが、せめて外国人相手には早く導入してもらって、空港のブースでSIMを抜き差しするという間抜けな作業から解放して欲しい。
 それでは今日の猫の紹介を。夜勤前の散歩コースは青梅線の中神~西立川を選んだ。
昭島市の猫

 駐車場の隅で寝ていたのは猫喫茶のキジ白。あと数歩前に進めば目を覚ますはず。
昭島市の猫

昭島市の猫

 こちらの猫は逃げる寸前。
昭島市の猫

 引いた写真を1枚撮って、再びズームしたらもういなくなっていた。狐につままれた気分。
昭島市の猫

 今日はぎりぎり20℃に届かなかったが、猫は日陰に入りがち。南風が吹いていたからかな。
昭島市の猫

 目がとろんとしている。こんな日だからみんな寝ていると思ったけど、意外に頑張っているね。
昭島市の猫

昭島市の猫

 猫民家の三毛が自宅の前に佇んでいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 がりがり。
昭島市の猫

 これは彼女の大切な爪研ぎ兼お立ち台。絶対に誰にも渡さない。
昭島市の猫

 13時半という、絶対寝ているはずの時間に、エビ子が起きていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 つかつか。
昭島市の猫

昭島市の猫

 いつもの「かっ、かっ」という鳴き声を発しながら、ごろごろすりすり開始。
昭島市の猫

 ごろーん。
昭島市の猫

 波状攻撃のようなごろごろすりすりをかわしつつ、一瞬止まったところを辛うじて撮った。こういう子はスマホの方が撮りやすい。iPhoneにもRAW撮影できるアプリがいくつかあるので、今度試してみよう。
昭島市の猫

 西立川時代の家路だった狭い道路を猫が行く。この辺りで茶トラ白というと……、
昭島市の猫

 やっぱりトラ子さんだ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 ここのところ、見かける頻度が極端に低かったので、次は2年後ぐらいかと思ってた。この調子で前みたいにたくさん会って、またすりすりしてくれるようになったらいいな。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 江東区の猫
  2. 高雄市の猫
  3. 渋谷区の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 府中市の猫

    2020.11.29

    クロエさん
  3. 府中市の猫
  4. 昭島市の猫

    2020.11.27

    パイプの季節
  5. 日野市の猫

    2020.11.26

    不変の縄張り
  6. 日高市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP