冷たい視線


川崎市の猫

 天気がいいのは今日までで、明日は夜から雨が降るとの予報が出ている。雪ならホワイトクリスマスでロマンチックだが、気温は下がらないらしいので、単なるお湿りで終わるものと思われる。
 今日は夜勤のため散歩開始は12時半。年越し前に上矢印ちゃんに会いたくて、久しぶりに立川駅北口からスタートした。上矢印邸のあとはどこへ向かってもいいんだが、出勤前であることを考えると、ゴール地点は高松や立飛などのモノレール駅が望ましい。とはいえそれほど都合よく猫拠点が存在するわけでもなく、ほかに会いたい猫もいたので、今日は西国立に向けて歩くことにした。
 結果から書くと上矢印ちゃんは不在で会えず、しょんぼりして歩き出すと、行く手の駐車場に相方の黒白がいた。
立川市の猫

立川市の猫

 近寄ったら逃げてしまい、しばらく探し回っていたら、いつの間にか自宅に戻っていた。君だけでも会えたから良かったよ。
立川市の猫

 前方左側に見えるのは二等兵の家。屋根の上にクリーム猫が出ているのが分かるかな。
国立市の猫

 今日は本人不在で相方に会える日。あれはいつも二等兵と一緒にいた子だ。
国立市の猫

 舌がつるほど鳴らしてようやく振り向いてもらえたが、めっちゃ機嫌悪そう。次いつ会えるか分かんないから勘弁してくれ。
国立市の猫

 以前ならキャットロードとでも呼ぶべきコースだったのに、ここのところ猫が減ってきているのか、あまり会えずに散歩を終えることが多くなった。民家の敷地の奥にいたサバトラを最後に、学校裏の猫アパートや、怒りんぼさんの路地でも、猫の気配を感じることなく西国立駅に到着してしまった。
立川市の猫

立川市の猫

 ここから先は稲田堤の乗り換え猫たち。瓢簞横丁でキジトラに遭遇した。
川崎市の猫

 しかし、この有様。臆病すぎて歯が立たない。
川崎市の猫

川崎市の猫

 スーパースローモーションで動くパフォーマーみたいに、少しずつ少しずつにじり寄って、何とか撮れたのがこの写真。出勤前にこの対応は辛いぜ。
川崎市の猫

 同じ横丁でもう1匹。塀の上でお昼寝中。
川崎市の猫

川崎市の猫

 きっとバレているのであろうな。寝たふりは武士の情けか。
川崎市の猫

川崎市の猫

 今日最後の猫は西日に当たるサバトラ。西日といっても時刻はまだ14:15で、このあと俺は遅い昼食を取って職場へ向かった。食事のあと再び同じ路地を覗いてみると、すでに日陰になっていて暗く、猫の姿も消えていた。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 杉並区の猫
  4. 台西郷の猫
  5. 新北市の猫
  6. 所沢市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  3. 昭島市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  7. 府中市の猫
  8. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP