二股尻尾


国立市の猫

 今日は朝も昼も雨だった。昨日に続いて局地的に激しい雷雨に見舞われたらしいが、立川はそんなに激しい雨にはならなかった。
 朝は矢川駅から会社まで歩くつもりだったが、駅を出たら雨が降り出していたので、本降りになってもすぐに戻れるように、駅の周りをちょっとだけ回ってみることにした。歩き出して間もなく、とある駐車場の隅に猫ボックスを見つけたので、立ち止まって舌を鳴らしたら、車の下から白いのが出てきた。
国立市の猫

 くんくん。
国立市の猫

 がぶ。
国立市の猫

 車の下では茶トラが寛いでいたが、こちらは気を引こうとしても反応なし。
国立市の猫

国立市の猫

 挨拶代わりに指を噛まれたりしてうだうだ遊んでいると、どこからか茶トラ白も現れた。
国立市の猫

 苦労が年輪のように刻まれた顔つきだな。
国立市の猫

 小雨の降る中、踏切を渡って細い通りを行くと、マンションの階段下で黒白が雨宿りしていた。
国立市の猫

国立市の猫

 呼べば出てくる人懐っこい子。ご飯待ちなのかな。
国立市の猫

 雨が止みそうにないので、とりあえず電車で西国立に移動。学校裏の猫アパートまで来ると、上から猫の鳴き声が聞こえてきた。
立川市の猫

 入れてくれーと催促しているらしい。
立川市の猫

 少し雨が強くなってきたが、会社近くのビルの裏では小さいのが2匹じゃれ合っていた。
立川市の猫

 これは七三の子供B。足元のもう1匹は異父兄妹の三毛だ。
立川市の猫

 あれー、子供Bって二股尻尾だったのかー。今まで何度も会ったのにぜんぜん気づかなかったよ。異父兄妹の三毛も元気そうで何より。こちらは子供B’ということにしとく。
立川市の猫

 会社帰りは晴れていたので、再び矢川駅まで歩いてみた。大きな民家の立派な庭で茶色いのを発見。
立川市の猫

 夕方で色温度が低めなので分かりにくいんだが、こいつはいわゆる茶色(赤)ではないような気がする。
立川市の猫

 フォーン色かな。そんなにごろごろいる毛色じゃないと思うんだけど。
立川市の猫

立川市の猫

 畑の資材置き場には白いのがいた。
国立市の猫

 そのうち酪農家の多い入間あたりに遠征してみるか。茶畑も良いな。
国立市の猫

関連記事一覧

  1. 新宿区の猫
  2. 立川市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 相模原市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  4. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  5. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  6. 多摩市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 日高市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP