鉢割れスモーク


川崎市の猫

 台湾に入国する際、台北松山のような小さな空港なら、それほど待たずにイミグレを通過することができるが、桃園のような大規模空港だと、世界中から引っきりなしに到着便があるので、いくら急いだところで、待たずに済ますことは到底できない。そんな時、我々のような外国人観光客であっても、ガラ空きの台湾人(または台湾居留証所持者)専用レーンを通ることのできる、「外籍商務人士使用快速查驗通關證明」という制度がある。いわゆる常客証というもので、直近1年以内に3回以上台湾に入国した人がこの制度を利用できる。俺も今回の訪台で利用条件を満たしたので、移民署のウェブサイトから申請して発行してもらった。実は来年1月下旬にも訪台する予定があり、今度は香港経由で桃園へ飛ぶので、イミグレにかかる時間を短縮するために、ぜひこの常客証が欲しかった。ノーウエイトとまでは行かないまでも、これがあれば格段に後続の予定を立てやすくなる。経験者によれば5分以上待ったことはないそうだ。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、今日の散歩は小田急多摩線・はるひ野駅から。ぴったり定時の10時に職場を出て、唐木田駅へ向かっていると、民家の門扉から猫が顔を出していた。この辺りは猫密度が低く、見かけるのは実に3年ぶり。
多摩市の猫

多摩市の猫

 しかし幸運と呼ぶには逃げ足が速すぎるようだな。
多摩市の猫

 「お互い不運だな」
多摩市の猫

 はるひ野駅をスタートしたのは11時ちょうど。10分ほど歩いて小高い丘の猫拠点にたどり着くと、1匹の猫がこちらに背中を見せていた。
川崎市の猫

 今日は朝の気温が低かったから、日なたにわんさか出ているかと思ったけど、そうでもないみたいだね。
川崎市の猫

 ……などと黒白猫に話しかけていると、庭の奥からもう1匹顔を出した。あれは鉢割れスモークだね。
川崎市の猫

 「怪しいヤツが現れたぞ」
川崎市の猫

 それこっちの台詞なんですけど。
川崎市の猫

川崎市の猫

 ここはティッピングを発現するI遺伝子の濃い猫拠点で、10匹以上いる猫たちの大部分がスモークやシェード。このように特定の毛色を持つ集団が局所的に存在する例は、茶系や白などにも見られる。
川崎市の猫

 丘を降りるとそこは南向きの斜面。猫がお昼寝するにはちょうどいい場所。
川崎市の猫

川崎市の猫

 気持ちよさそうに目を細めている。
川崎市の猫

 一方こちらは植え込みで寛ぐ白。
川崎市の猫

川崎市の猫

 モデルをお願いしたら、渋々起き上がってくれた。
川崎市の猫

川崎市の猫

川崎市の猫

 散歩を終えて平山に帰ったのは12時半。猫ヶ丘への坂道を上っていると、大胆な場所で暖まっているのがいた。
日野市の猫

日野市の猫

 逆光で見ると黒のようだったけど、逃げられて見るとキジトラだった。
日野市の猫

 その傍ら、山側の斜面にも先を急ぐ猫の姿あり。
日野市の猫

日野市の猫

 一回りして戻ってくるのを待ってみた。時々この辺りで見かけるキジ白。
日野市の猫

 落ち着いた眼差しの美形猫。先月末にもフィルムカメラで撮影したばかりだが、あの時は55mmの単焦点で、あまり寄ると逃げられるのでアップが撮れなかった。今度は望遠レンズで挑戦してみようかな。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 羽村市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 高雄市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  2. 府中市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 相模原市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  7. 昭島市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP