前言撤回


昭島市の猫

 少し前に秋の気配がどうとか書いたが、あれは取り消し。東京はまだぜんぜん真夏。今週も週末までずっと真夏日が続くらしい。ねこじゃらしの穂が茶色がかっているのは、秋が近いからではなく、雨が降らないから枯れてきたんだ。これじゃお昼休みの散歩はまだ再開できないなあ。
 朝の散歩は6:15出発。電車に乗る前に駅前をチェックしていたら、商店街の隅に細い物体が現れた。
昭島市の猫

 おーい、大丈夫かー。
昭島市の猫

 すっかり痩せてしまったタキシード1号。ご飯はもらえているはずなので、やっぱり夏バテなのかなあ。
昭島市の猫

 今朝の散歩はある目的があって、国立駅から中央線の北側を歩いてみた。最初に猫を見つけたのは駅から20分ほど歩いた団地の中で、それまで1匹もいなかったので、残念ながらその目的は達せられなかった。また機会があったら歩いてみる。
国立市の猫

 君に会えたのは嬉しいんだけどね、今日探しているのは茶トラなんだよ。
国立市の猫

 団地を抜けると、黒いのが巡回から戻って来たところだった。
国立市の猫

 いや、そこじゃちょっと絵にならんわ。
国立市の猫

 済まないね、その辺でいいよ。
国立市の猫

 強い順光で毛がピカピカ。そういや小学校の図工の授業で、人物画の髪の毛を黒い絵の具で塗っていたら、美大出の先生に「黒は色じゃない」って頭叩かれたっけな。
国立市の猫

 いつもの遊歩道に到着。ちょうど茶トラ白が出てきた。
国立市の猫

 「んー、一応挨拶しとくか」
国立市の猫

 猫式の挨拶が始まったので、しばらくぼけっと眺めていた。
国立市の猫

 こいつは黒と一緒に茂みに入ってしまった。
国立市の猫

 こいつは、もしかしたら別の誰かを待っているのかもなあ。
国立市の猫

 遊歩道のある築堤から離れて、①号は一人でまったり中。
国立市の猫

国立市の猫

 物置の上に猫耳らしきものを発見。
国立市の猫

国立市の猫

 角度を変えて撮ろうとしたら、奥にもう1匹いた。邪魔しちゃったかね。
国立市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 東村山市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 相模原市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  4. 昭島市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP