古墳の子猫たち


府中市の猫

 暑くなるのは分かっていたが、今朝の散歩は少し遠い西府駅から。だんだん日が短くなって来ているので、まだ充分明るい今のうちに、古墳で育つ子猫たちの様子を見に行った(前回はこちら、前々回はこちら)。
 1時間20分早く家を出ても着くのは6:50となり、通勤途上の人々は普通に歩いているし日も高い。駅から10分ほど歩くと、見覚えのある3匹がプレーリードッグ的にこちらを眺めていた。
府中市の猫

 「あのニンゲンまた来たよ」
 「暇なのかな」
 「遊んで欲しいんじゃない?」
府中市の猫

 今日はお母さんいないんだね。
府中市の猫

 今朝は母猫のほか茶トラ白の子もいなかった。写真の茶色2匹はどちらもクラシックタビー。
府中市の猫

 ……元気だな。
府中市の猫

 「私の写真を撮ってくれる? あの子たち子供っぽくて……」
府中市の猫

 また来るからお母さんによろしく言っといてよ。
府中市の猫

 このコースは古墳で堪能できる反面、その他の場所がからっきしだったりする。しかし今朝は珍しく駅前の公園でキジトラを見かけた。
国立市の猫

国立市の猫

 出勤前に一服する人たちに混じって、こいつものんびり過ごしていた。
国立市の猫

 俺そろそろ行かなきゃ。またね。
国立市の猫

 会社の近くでは三毛子の子供を見かけた。
立川市の猫

 「あーん、舌出しちゃったから撮り直してー」
立川市の猫

 会った数は少なめだったが、色々堪能できたのでいい朝だった。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫

    2020.7.13

    寝床いろいろ
  2. 国立市の猫

    2020.7.12

    ほくろくらべ
  3. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  4. 昭島市の猫
  5. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  6. 川崎市の猫
  7. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  8. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP