初めての避難


府中市の猫

 昨日の多摩川(石原水位観測所)は、氾濫危険水位の4.90mを遥かに超える6.24mまで増水し、すり切り満タンというところまで行ったが、俺の住む街はすんでのところで浸水を免れた。我が家では16時ごろ避難行動を開始し、風雨がほとんど収まった23時すぎに帰宅。今朝は普段よりやや遅い6時半に家を出て職場へ向かった。
 電車は止まっていたが、台風15号の時と同様、中河原駅まで自転車で行って、そこから徒歩で関戸橋を渡り、聖蹟桜ヶ丘駅からバスに乗るパターン。もちろん猫を探しながらの出勤だが、さすがにあれだけの嵐のあとではそうそう見つからず、逃亡4匹、カメラに収まったのが2匹という結果だった。
府中市の猫

府中市の猫

 囁くように鳴き合う声の主はキジ白と黒白。
府中市の猫

「お前は怪しいヤツだな。火事場カリカリ泥棒だろう」
府中市の猫

府中市の猫

 病弱の妻と2匹の猫を伴っての避難は容易ではなかったが、決断した理由は次の通り。(1)多摩川が氾濫危険水位を越え、引き続き上昇傾向にあった。我が家の周囲はハザードマップで0.5~3.0m未満の浸水が想定されていた。(2)予想されている最大瞬間風速が60m/sで、家屋が破壊される可能性があった。(3)台風15号の例から、長時間に渡り停電する可能性があった。浸水と暗闇が同時に訪れた場合、平常心を保って行動できる自信がなかった。
 死なないようにするためには、暴風でも破壊されない、2階建て以上の施設に移動することが必要で、それには府中市が一次避難所として事前周知している、自宅近くの小学校が最適と思っていた。ところが実際に避難勧告が出てみると、避難所になるはずの小学校がリストに入っていない。ペットの扱いについても、市のウェブサイトに謳われている「同行避難で人とペットの安全確保」といった美文とは裏腹に、「台風19号に伴うお知らせ」にはペット入室不可と書かれている。地震災害ならまだしも、風水害で避難するのだから、屋内に入れてもらわなければ意味がない。予想外の展開に、必死に脳内シミュレーションを繰り返した結果、避難所を利用することは諦めて、車を借りて近所の立体駐車場へ逃れることにした。避難後の細かいことは長くなるので省くが、当てにしていた某ショッピングモールの立体駐車場が満車で、利用者の多くがペット連れだったことには心底驚いた。最終的にはとある総合病院の立体駐車場に落ち着いたが、そこにも大型犬と一緒に嵐をやり過ごす人がいた。世の中に「ペット難民」とでも言うべき人々が存在することを初めて知った日だった。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 横浜市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 大田区の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 奥多摩町の猫
  6. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  7. 日野市の猫
  8. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP