熊的な猫


川崎市の猫

 引っ越しの時に新設した猫デッキの床材は木製ではなく、木粉とプラスチック(ポリプロピレン)を混ぜた新素材だそうで、腐敗したり変形することもなく、それでいて価格が安いとの触れ込みだった。
 ところが、いいことづくめのように思えた新素材にも落とし穴があって、それは静電気が発生しやすいこと。乾燥した冬場など、猫が日に当たってごろごろしていると、被毛が帯電してごわごわになるし、肉球や鼻の頭に触れるとバチッと音がして放電する。何度も繰り返すうちに、2匹とも触られるのを嫌がるようになってしまった。抜け毛が床にくっついて離れないのも困りもので、箒で掃いても掃除機で吸ってもダメ。コロコロなら何とか取れるレベルだ。
 テスターで導通を調べたところ、9本ある欄干の支柱がすべて電気的に繋がっていたので、そのうち1本をアースしてみた。正直、そんなことで改善するとも思えないが、ものは試し。暇な時に猫を撫でくり回して検証しようと思っている。
 昨日は一日だけの休暇だったが、ヘタレてしまって散歩もお休み。アース棒を埋めた以外は何もせずに一日が終わった。朝の散歩は中野島から稲田堤まで、3.8kmを70分ほどかけて歩いてみた。
府中市の猫

 最初の猫グループは自宅近くの駐車場にて。
府中市の猫

府中市の猫

 三毛が取り残されるのもいつもと同じ。君の恋人は薄情だね。
府中市の猫

 中野島駅をスタートしたのは6時半。定点の猫拠点を覗いてみると、高みから縄張りを見渡す猫がいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 たまに見かける茶トラ。この子は比較的フレンドリーなはず。
川崎市の猫

 あれれ、逃げちゃうの?
川崎市の猫

「とおっ」
川崎市の猫

「もっと近くに来てもいいんだよ」
川崎市の猫

 そんな俺たちの様子を地面から窺うのもいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 何年か前に一度だけ黒白猫を見かけた西のほこら。今朝は目立たないところに黒いのが潜んでいた。つってもこの写真では分からないと思うけど。
川崎市の猫

 ほらいた。
川崎市の猫

 きれいな毛並みの黒だった。逃げなかったのがちょっと意外。
川崎市の猫

 砂利の駐車場の奥の方、塀の向こうにうつむき加減のキジトラがいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 寝落ちしちゃってた? うちのサチコみたいね。
川崎市の猫

 広い駐車場に茶トラのお尻を発見。おーい、写真撮るよー。
川崎市の猫

「うるさいな」
川崎市の猫

 近寄ってもまるで無視。視線を追ってみたが、人間の目には見えないもののようだった。
川崎市の猫

 とあるマンションの敷地で猫発見。姿勢といい、毛色といい、鮭を咥えてたら完璧に熊だな。
川崎市の猫

川崎市の猫

 B遺伝子座の遺伝子型がBBの赤茶けた黒猫は時々見かけるが、ツートンになっているのは初めて見た。たぶん後天的なものだろう。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 奥多摩町の猫
  3. 所沢市の猫
  4. 瑞穂町の猫
  5. 立川市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  2. 昭島市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 奥多摩町の猫
  7. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP