猫を訪ねて伊豆四島1(調布~神津島)


調布市の猫

 最近ストレスを感じることが多く、どこかへ出かけたいという思いが強まっていたものの、まとまった休みがないのでなかなか行動に移せなかった。限られた時間で解消する手立てを色々と考えた結果、1泊2日程度でも楽しめて、なおかつ日常から脱却できる方法として、猫を探しに伊豆諸島を訪ねてみることにした。当初は青ヶ島を候補にしていたが、八丈島からのヘリコプターが満席だったため断念。代替案として近場の島々を渡れるだけ渡り歩くことにした。
 東京都に属する島嶼は伊豆諸島と小笠原諸島の二つがあり、そのうち今回の旅先である伊豆諸島は、最大の面積を持つ大島のほか、利島、新島、式根島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島、青ヶ島という九つの有人島(および100個の無人島や岩礁)で構成されている。三宅島、御蔵島、八丈島の三島については船便が一系統しかなく、往路は東京・竹芝桟橋を夜出発して翌朝到着する夜行便、復路は八丈島を朝出発する昼行便の一往復となる。羽田〜八丈島を結ぶ空路は存在するが、2日間で複数の島を巡ることは難しい。
 2日間という日程で複数の島を巡るとなると、海路や空路が充実している大島、利島、新島、式根島、神津島が有利だ。これらは竹芝や熱海、下田を結ぶ海路が複数あるほか、調布から空路を選ぶこともできて自宅から出かけやすい。時刻表と首っ引きで調べたところ、神津島、新島、式根島、利島の四島なら1泊2日で収まることが分かったので、月末まで唯一の連休だった一昨日から昨日にかけて出かけてきた。
 旅の初日(7月21日)、神津島へ飛ぶ新中央航空301便は調布飛行場を8:45に出発するが、すでに猫旅は始まっているので、こういう場合は調布駅から散歩を開始するのが習わしだ。通勤途上の散歩で時々立ち寄る「例の2匹」の猫拠点を覗いてみると、塀の上でちょこなんとする長毛が見えた。
調布市の猫

調布市の猫

 近寄れるポイントがないのでこれが精一杯。この子はずいぶん前、2018年7月に見かけて以来。
調布市の猫

 例の2匹の片割れもちゃんといた。
調布市の猫

 路地を3周してようやく気づいたんだけれども。
調布市の猫

 近寄ったら奥へ引っ込んでしまった。子猫の時は出てきてくれたのに……。
調布市の猫

 もともと農家だったと思しき広い家の敷地に茶色い姿を発見。
調布市の猫

 いつもこの家のどこかで見かける子。ここは敷地が広すぎるので、カメラに収まることは割と珍しい。
調布市の猫

 朝ご飯(推定7時)まであと20分ぐらいかな。
調布市の猫

 広い駐車場の片隅に三毛佇む。この辺りは初めて歩くけど、朝はやっぱり猫が出ているんだなあ。
調布市の猫

調布市の猫

 可愛い三毛さん。全身が見えないので、もう少し近寄ってもいいかな。
調布市の猫

「やーよ」
調布市の猫

 湯船に浸かっているような風体の猫に遭遇。日差しの湯加減が良さそうね。
調布市の猫

調布市の猫

 お寛ぎのところ済みませんが、ちょっとだけ写真を撮らせてくださいな。
調布市の猫

 しかし一歩前に出た瞬間、飛び退いてしまった。入浴中はまずかったか。
調布市の猫

 調布駅から2時間(7.0km)の散歩を終えて調布飛行場にたどり着いたのは8時すぎ。ハイシーズン直前とあってか小さなロビーはそれほど混雑しておらず、出発時刻の近い他路線を合わせて50人ほどが出発を待っていた。
 今回利用した新中央航空という航空会社は調布飛行場と大島、新島、神津島、三宅島を結ぶコミューター路線を運行していて、自宅から飛行場までごく近いこともあり、思い立ったらすぐにでも乗れるのではあるが、運賃が定価のみの設定なので割高感が強い。俺が利用するのも1990年夏の大島旅行以来で何と32年ぶり。このほか現在は撤退したようだが、1993年ごろ新潟~佐渡という路線を利用したこともある。当時はどちらも定員9名の小さな機体だったが、現在はドルニエ228という機体に統一されているそうで定員は19名となっている。俺の乗った神津島行きはその機体に15名の乗客を乗せて定刻に離陸し、神津島にはやや早着して40分後の9:25ごろ到着した。神津島空港から集落までは2kmほど離れていて、天気も良かったので徒歩は難儀するかと思われたが、ほぼ森林だったので日陰が多く、散歩としては快適なスタートだった。ちなみにこの日の神津島アメダスの最高気温は28.2℃と穏やかだったが湿度が高く、せめて少しでも曇ってくれないとあとがキツくなりそうだった。そもそも真夏の猫旅は今回が初めてで、そうすることも直前まで想定していなかった。
 空港から歩き続けること約1時間。心と体がやや萎えてきたころになって、待望の島猫1匹目を発見。日なたに出ていることは予想していなかったので、ややのけぞってしまった。
神津島村の猫

神津島村の猫

 やあ、こんにちは。私は本土から来た猫好きの者ですよ。
神津島村の猫

神津島村の猫

 感情の読み取れない島猫1匹目。
神津島村の猫

 あとでGoogleストリートビューを見たら、2014年の画像にこの子らしき猫が写っていた。時間の流れ方が本土とは違うみたい。
神津島村の猫

 かといって奥多摩猫集落のように鄙びているわけでもなく、狭い路地を縫うようにして軽自動車が走り回っている。車が通るたび、いちいち端に寄ってやり過ごしているうちに、俺と同じ方向へ進む猫が見えてきた。
神津島村の猫

 ロックオンされていることを察してか、急に立ち止まって向きを変えた。
神津島村の猫

神津島村の猫

 よく見ると瞳が白濁している。俺の姿は薄ぼんやりとしか見えていないだろうが、聴覚や嗅覚を駆使して「見極めて」いるのかも知れない。
 紙幅が尽きたので続きは次回。「伊豆四島」の猫たちは6回に分けて紹介していくので、どうぞお楽しみに!
神津島村の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 世田谷区の猫
  3. 日野市の猫
  4. みなかみ町の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 利島村の猫
  2. 府中市の猫

    2022.8.11

    早朝の1時間
  3. 日野市の猫

    2022.8.10

    ほぼ車の下
  4. 八王子市の猫
  5. 新島村の猫
  6. 立川市の猫
  7. 福生市の猫
  8. 新島村の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP