晴れの幸せ


八王子市の猫

 昨日の寒さは最低気温こそ氷点下0.6℃と大したことはなかったが、日中になってもほとんど気温が上がらず、1℃にすら達しないという、東京には珍しいパターンだった。朝からちらついていた雪は時間を追うごとに強くなり、寝るころには積雪を心配するくらいだったが、今朝家を出てみると大したことはなく、濡れた道路が黒い路面を晒していた。最低気温も散歩スタートから4分後に記録した氷点下2.2℃に留まった。
 風邪の方は鼻水と咳が少し残るくらいまで回復し、出勤前の散歩も頑張りすぎなければ大丈夫そうだったので、近場の東中野バス停~多摩センターを歩いてみた。雪景色となった里山の南斜面に朝日が差して、それは見事な眺めだったが、猫の方はあまり盛況ではなかった。俺が歩いている北斜面はまだ日陰のままだった。
 なので猫は未だ惰眠モード。
八王子市の猫

八王子市の猫

 ここは定員2名なんだけどな(一例)。俺が入る余地はなさそうだな。
八王子市の猫

 「微妙に失礼なことを言われている気がするわね」
八王子市の猫

 2cmぐらいしか積もっていないけど、雪原になっていたので一応撮ってみた。猫は日なたと日陰に1匹ずつ。
八王子市の猫

八王子市の猫

 わずかな日なたに佇む茶トラ。朝ご飯を終えて一休み中。
八王子市の猫

八王子市の猫

 日陰の茶トラ白も日なたに出てきた。ご飯食べたばかりなのにまだ足りないの?
八王子市の猫

 「食後は日なたぼっこするものなんだよ」
八王子市の猫

八王子市の猫

 凍りついた遊歩道を1匹のキジ白が駆けてきた。
八王子市の猫

 「モデルになってる暇なんかないよ! 早くしないと朝ご飯に遅れちゃうんだから」
八王子市の猫

 「でも彼女はこの角度がカッコいいって言う」
八王子市の猫

 あたふたあたふた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 行ってしまった。
八王子市の猫

 最後に谷戸の公園に立ち寄ると、六花咪が日なたぼっこ中だった。日陰には気配を察して出てきた黒白も。
多摩市の猫

多摩市の猫

多摩市の猫

 樹上から舞い落ちた雪が日に当たってきらきら輝いていた。2匹の猫は南無阿弥陀仏なんまんだぶを唱えているような顔つきで佇んでいた。日差しに感謝しているかのようだった。
多摩市の猫

多摩市の猫

 黒白は状態が良くなかった。春までもう少しの辛抱なんだがなあ。
多摩市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP