性別不明の上下関係


日高市の猫

 張り切って燕麦の種を蒔いたというのに、いきなり気温が下がって奥多摩では雪が積もり、今日になってもまだ曇って寒いまま。我が家の2匹が猫草にありつけるのは当分先になりそうだが、気温が上がらないお陰で多摩エリアのソメイヨシノはまだ持っている。もともと今日は妻と外出する予定だったが、平成最後の桜を堪能すべく、妻の方は来週にリスケしてもらって、朝からこまこま散歩に出かけてきた。
 引っ越してよかったと改めて思ったのは、駅が分倍河原と府中本町のどちらでも使える点だ。今朝は府中本町から武蔵野線に乗り、新秋津〜秋津と乗り換えて、所沢から飯能まで特急に乗って所要時間は1時間。目的地の高麗には7:19に着いたが、予想以上に曇って暗くて寒かったため、恐らくまだ猫は出てこないだろうと踏んでそのまま吾野まで乗り越し。駅前の自販機で温かい飲み物を買い、次の上り電車で折り返して、高麗駅に降り立ったのは8:08だった。
 散歩開始を50分遅らせたことが吉と出るか、恐る恐る定点の猫拠点を覗いてみると、見覚えのあるキジ白がちょこなんとしてこちらを眺めていた。
日高市の猫

 ああ、よかった。また会えたねー。
日高市の猫

日高市の猫

 野菜コーナーには長毛二毛もいた。
日高市の猫

 半年に一度くらいしか来ないから、果たして元気でやっているのか、いつもどきどきしながら訪れている。この子は以前と変わらない人懐っこさで嬉しかったが、相方の三毛は見当たらなかった。
日高市の猫

 敷地から顔を出したのは茶トラ。この辺りの猫の中ではいちばん立場が弱いらしく、か細い声で鳴くばかり。
日高市の猫

日高市の猫

日高市の猫

 体が大きいからといって、上位になれるわけじゃないんだなあ。しっかりしろよー。
日高市の猫

 君たちも少し優しくしてやってよ。
日高市の猫

 一通り挨拶を済ませると、猫たちはだいぶ懐いてくれて、行く先々へついてくるようになった。
日高市の猫

 なので、桜の木の下に誘ってみる。
日高市の猫

 平成の桜も見納めかー。最後に君たちと一緒に鑑賞できてよかった。
日高市の猫

 そこへ気になる気配が……。
日高市の猫

日高市の猫

 おー、久しぶりー。元気だったかー。
日高市の猫

日高市の猫

 続いて現れたのは茶トラ白の女の子。この子もとても人懐っこい。
日高市の猫

 長毛二毛とは折り合いが悪く、周囲を気にしている様子。ちなみに去勢(避妊)済みを示す耳の切り欠きは右がオス、左がメスということになっているらしいが、実際のところまったく当てにならない。この子は左耳カットすなわちメスで合っているが、長毛二毛や相方の三毛はメスにもかかわらず右耳がカットされている。中には両耳がカットされているのもいて、何が何だか分からないので、俺は耳の切り欠きで性別を判定しないことにしている。
日高市の猫

 人懐っこい茶トラ白が現れたので、もう少しこの場所に留まって遊んでいくことにした。続きはまた後日。
日高市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 日高市の猫
  4. 調布市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP