挨拶は右手で


川崎市の猫

 先日、平山へ髪を切りに行ったついでにトマトを買って帰ってきた。
 日野のトマトは近隣の街にも評判で、ファーストトマトと呼ばれる品種はとりわけ人気が高い。値段がやや強気なのが悩ましいが、それを補ってあまりある美味しさなので、平山時代は無人野菜販売所でたびたび買って帰ったものだった。もう一つ気に入っていたのは万願寺唐辛子で、素焼きにして鰹節を振り、醤油をちょっと垂らして食べるとこたえられない。府中に引っ越してからも近所に無人野菜販売所は見つけてあるが、どうも日野ほど熱心ではないらしく、品揃えもいまいちなのが残念だ。髪を切って猫ヶ丘の猫に会うだけでなく、美味しい野菜を手に入れるため、平山には今後も通うことになるだろう。
 梅雨入りの今日は休養日のため猫散歩はお休み。先月31日の鶴見線猫散歩の続きを紹介しておく(前回の記事はこちら)。
川崎市の猫

 最初の駅でたくさんの猫に会えたため、滞在時間は50分ほどと長くなり、だいぶ日が高くなってきた。薄雲がかかっているので暑くは感じないが、猫はきちんと日課をこなしている。
川崎市の猫

川崎市の猫

 ヨレ気味の黒白は2年前に初めて見かけて今回が3回目。厳しい環境にも負けずにしぶとくやっているようだ。
川崎市の猫

 次の駅で見かけたのはご飯待ちのキジ白だった。
川崎市の猫

川崎市の猫

 この路線のダイヤは極端で、通勤時間帯は15分おきぐらいに電車が来るが、日中は2時間以上来ない時間帯がある。このころ時刻は8時すぎで、猫は頻繁に停車する電車の一本一本を期待を込めて見つめている。
川崎市の猫

「今日はまだ来ないね」
川崎市の猫

 やはりここでも美味しいものは電車に乗ってやってくるらしい。
川崎市の猫

 浜川崎へ向けてさらに歩いていると、行く手の茂みに茶色いのが見えてきた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 あらら、傍らに可愛らしいのがいるね。茶トラはお母さんだったかー。
川崎市の猫

川崎市の猫

 ヤドカリみたいに背後の穴に引っ込んだのを待つこと10分。何とかアップで撮らせてもらえた。
川崎市の猫

 親子揃って不思議そうな顔でこちらを眺めていた。
川崎市の猫

 貨物線を跨ぐ長い踏切の手前で惰眠を貪る猫発見。
川崎市の猫

川崎市の猫

 もうバレてるの。
川崎市の猫

 怪しい者ではござんせん。お近づきのご挨拶を……。
川崎市の猫

 えぇ……。
川崎市の猫

 じゃ右手で。
川崎市の猫

川崎市の猫

 左手はダメなのね。君はインド人か。
川崎市の猫

 最後の駅には9時半ごろ到着。前回は3匹見かけたがこの日はキジ白1匹のみ。隠れる場所は無数にあるので、みんなどこかでお昼寝していたのかも。
横浜市の猫

 猫はこちら。
横浜市の猫

 明日以降、しばらく雨が続くらしいので、雨見散歩の日々になりそうだなあ。
横浜市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 大田区の猫
  3. 立川市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫
  2. 白河市の猫
  3. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  4. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  5. 昭島市の猫
  6. 府中市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 八王子市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP