アメジ君が引っ越した


立川市の猫

 会社の近くに住んでいて、通行人の人気者だったアメショーのアメジ君が、飼い主のお姉さんとともに引っ越してしまった。見知った猫がまた1匹いなくなってしまったなあ。
 今日の写真は、昨日近所に買い物に出た時に見かけた麦わら1号から。もろ保護色だったので、赤い首輪がなければ気がつかないところだった。
昭島市の猫

昭島市の猫

 今朝は肌寒かったせいか早めに目が覚めたので、八高線に乗って八王子の栄えてない方に行ってみた。民家の周りに置かれたペットボトルや猫よけのとげとげからして、栄えてない方にも相当数の猫がいるはずなんだが、今までは空振りのことが多かった。まずは手始めに駅近くの公園をチェック。
八王子市の猫

 この目つきはほかにも猫がいる時の目つきだな。
八王子市の猫

 石灯籠と並んで一点を見つめるキジトラ。案の定、視線の先には茶トラがいたが、そちらはとっとと逃げられた。
八王子市の猫

 公園から出ようとすると、民家の玄関先に黒い物体が鎮座していた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 瞳がまん丸なのは、暗いからというより、俺にびっくりしているかららしい。
八王子市の猫

 トイレに寄るため別の公園にやってきた。ポイントカラー的猫発見。
八王子市の猫

 たまには遺伝子型を書いとかないと、せっかく勉強したのに忘れてしまうな。ww o A- bbl cbcb ii D- Ss Mc- spsp uuあたりで合ってるかな。
八王子市の猫

 突き当たりの駐車場にも1匹。
八王子市の猫

 湿っぽい視線のキジ白。
八王子市の猫

 会社の近くまで来ると、いつもの路地に七三ファミリーの父と母がいた。
立川市の猫

 近所にご飯をあげる家が現れたらしく、縄張りを少し移動したようで、以前ほど頻繁には会わなくなった。特に子供たちは1歳になって自立したころなので、見かけることは少なくなった。
立川市の猫

 夫婦水入らず。
立川市の猫

 お昼休みは日差しはあったが、気温は20℃ほどで過ごしやすかった。この2匹は久しぶりの茶色たち。手前はクリームクラシックタビーでいいのかな。なんか違う気がするんだけど。
立川市の猫

立川市の猫

立川市の猫

 そこはちょっと露出的にアレだなあ。
立川市の猫

 ありがと、そこでいいよ。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 横浜市の猫
  2. 国立市の猫
  3. 日高市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP