2匹の茶トラ


昭島市の猫

 やはり今日は奥多摩へは行かずに近隣の街で散歩を済ませた。昨日、猫集落への道路状況を町役場に問い合わせたところ、住民や関係者に限り車の通行が認められており、もし集落の知人に会うなどしたい場合は、栃久保のゲートまで迎えに来てもらうようにとのこと。歩いて行くこともできなくはないようだが、役場の担当者はいかにも通って欲しくなさそうな口ぶりだった。猫集落までの区間に崩落箇所はないものの、工事車両が行き交っているだろうから、そうした反応は仕方がない。
 俺としても一日だけの休暇で奥多摩はややきつく、とはいえ今日は快晴になることが分かり切っていたので、出退勤時に立ち寄ることの難しい、立川の街外れの猫たちに会いに行くことにした。拝島時代は割と行きやすい場所で、今も何匹かの知り合い猫が暮らしているが、分倍河原からだと1時間以上かかるので足が遠のいている。ちなみに前回訪れたのは平成時代最後の猫散歩(4月29日)だった。
 散歩スタートは8時すぎ。広い駐車場の隅に黒白がいた。
立川市の猫

 あの黒白はとても警戒心が強く、近寄る素振りを見せただけで逃げてしまう。半年ぶりだけど元気そうで何より。
立川市の猫

 同じ駐車場の反対側には三毛の姿が。
立川市の猫

立川市の猫

 ここらで時々見かける子。無目的に佇んでいるわけではなく……、
立川市の猫

 視線の先にはもう1匹の猫がいるのだった。
立川市の猫

立川市の猫

 貫禄の茶トラ。いかにもモテそうな面構えだな。
立川市の猫

 毛並みがきれいなので、どこかで飼われているのかも知れない。地位は高いようで、縄張りに入ってきた猫を威嚇するなど、地域の治安維持に余念がなかった。
立川市の猫

 一方こちらは路地の茶トラ。もう鳴いている。
昭島市の猫

昭島市の猫

 もしかして君は人懐っこい猫だね。暇なら遊んでおくれよ。
昭島市の猫

 「いいよー」
昭島市の猫

 ごろーん。
昭島市の猫

昭島市の猫

 可愛いねえ。
昭島市の猫

 ボブテイルの茶トラは4ヶ月ぶり。涼やかな目元が特徴の子。
昭島市の猫

 気温は19℃ほどで閾値は超えていないが、日差しが強烈なせいか、猫は微妙な位置で寛いでいる。
昭島市の猫

 日なたと日陰の狭間に黒い猫。これは厳しい。
昭島市の猫

 こんな快晴の日の散歩は楽しいけど、黒猫に会った時だけは微妙な気持ちになる。なにしろ被毛がテカテカに写ってしまって美しくない。ちなみに雨の日の様子はこちら
昭島市の猫

 町工場の茶トラ白が道路の真ん中に佇んでいた。
福生市の猫

福生市の猫

 捻転した下顎の犬歯がとても気になる。今日はプレス機の音が聞こえてこなかった。
福生市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 調布市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP