国立ブアイソーズ公園


国立市の猫

 今朝の散歩は矢川から。ザ・ブアイソーズの猫たちが集う、疎水べりの公園に行ってみた。
 国立市は文教都市と謳われていて、中央線沿いには瀟洒な住宅街などもあるが、この街の本来の姿を最も残しているのは谷保だ。至るところに疎水が流れ、田畑や雑木林が広がって、高度成長前の武蔵野とはこういう風情だったのかと気づかされる。ここは好きな散歩コースの一つだった。
 矢川駅には6:45ごろ到着して、いつものコースをとぼとぼ歩いて公園に近づくと、道端にキジトラを見つけた。
国立市の猫

 近寄ったら生垣をくぐって水辺に逃げ込んだ。
国立市の猫

国立市の猫

 少し荒れた感じのビオトープ的緑地。キジトラのほかにも動物の気配がする。
国立市の猫

 黒白は保護色にならないねえ。
国立市の猫

 そしてブアイソーズ公園に到着。ちょうとご飯の時間だったので、たくさんの猫が集まっていたが、邪魔しちゃ悪いので片隅で撮影。
国立市の猫

 でかいな。
国立市の猫

国立市の猫

 相変わらずみんな無愛想で、駆け寄ってくることも、鳴き声一つ上げることもない。ここではこれが平常運転。
国立市の猫

国立市の猫

 ご飯を食べ終えて散り始めた猫たちを、1匹ずつ追っかけてみる。
国立市の猫

国立市の猫

 こいつも最後まで「にゃあ」の一言もなかったなあ。
国立市の猫

国立市の猫

国立市の猫

国立市の猫

 この黒白は初めてじゃないかな。また増えたか。
国立市の猫

 ブアイソーズ公園も今後はなかなか来られない場所だが、なにしろみんな無愛想なので、名残惜しいような惜しくないような微妙な気分であとにした。
 そして1分も歩かないうちに次の猫発見。
国立市の猫

国立市の猫

 あんなところにも。
国立市の猫

国立市の猫

 今日の最後はチョビ1号。こいつは神出鬼没だ。
立川市の猫

立川市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 所沢市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 福生市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP