夜の六花咪


多摩市の猫

 今朝は谷保と稲田堤を散歩して見事に空振りだったので、ブログはお休みするつもりでいたが、仕事帰りに六花咪に会いに行くことを思いついた。基本的に俺は外で暮らす猫たちを日中帯に撮影しているので、彼らの昼の顔は知っていても夜の顔を知らない。たいていの場合、それは昼の顔よりも可愛らしくて、例えば以前、灰色の熟女・青2号が暗がりにいたのを見かけた時など、日中の顔とあまりにも違うので、腰を抜かしそうになったくらいだ。夜の六花咪はどんな表情を見せてくれるのだろうと、多摩センターからバスに乗って、ねぐらを訪ねてみることにしたのだった。
 完全に日の暮れた18:50、谷戸の公園に六花咪現る。
多摩市の猫

多摩市の猫

 夜ここに来たのは初めて。懐いてくれるのはありがたいが、明かりの真下に来てくれちゃうので、眼窩に影ができて瞳が見えない……。
多摩市の猫

 うーん。
多摩市の猫

 これなら少しは瞳が見えるかな。暗いとまん丸になって可愛いらしいね。
多摩市の猫

 ああでもないこうでもないと動き回る俺に付き合ってくれた六花咪。今度お礼するから楽しみにしていてね。
多摩市の猫

関連記事一覧

  1. 稲城市の猫
  2. 中央区の猫
  3. 富士河口湖町の猫
  4. 高雄市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 白河市の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  3. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  4. 昭島市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 八王子市の猫
  8. 奥多摩町の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP