上矢印ちゃんに会えない


立川市の猫

 網膜裂孔に関しては経過観察のため9日と19日に受診しているが、現時点で剥離への移行は認められず、引き続き様子を見ることになっている。ただ、このまま剥離を防げたとしても、右目が使い物にならないという点において、何ら問題は解決していない。視界を遮る濁りや浮遊物(血液)がなくならないと私生活や仕事にも差し支える。視力も落ちているが、眼鏡を作り直そうにも、治療が終わらないことには、その段階にも進めない。
 硝子体というのはとても代謝の遅い器官で、1ヶ月やそこらで浮遊物が解消するものではなく、完全には消えないこともあるそうだ。担当医師に相談したところ、ある程度は手術で除去することもできるが、手術であるからにはリスクを伴うので、時間が解決する可能性も考慮した上で判断して欲しいとの回答だった。次回は来月17日に受診する予定なので、それまで様子を見て、改善しないようなら手術してもらおうと思っている。
 ……で、今日は受診日ではなかったが、前回のレーザ手術の共済金請求に必要な診断書を書いてもらうため眼科へ行き、ついでに猫を探しながら散歩してきた。小金井市内は何度歩いてもなかなか猫に会えないので心が折れかかっており、今朝はヘタレて立川から国立までの1駅にした。盛況とは言えないものの写真の数が中途半端に多くなったので、今日は前半部分だけ紹介しておく。
 最初の猫はご近所さんの三毛3号。5時半すぎという時間のせいか、黒煙ちゃんや武蔵はまだ寝ているようだった。
府中市の猫

府中市の猫

 三毛ちゃんの向こうを京王線の電車が通過していく。東京の緊急事態宣言は未だ解けないが、今週に入って電車の乗客は明らかに増えてきた。
府中市の猫

 6時ちょうどに立川駅を出発して、最初に立ち寄ったのは上矢印邸。ここのところ何度訪ねても姿を見かけなかったが、今日は定位置に猫影が見えていた。
立川市の猫

立川市の猫

 4ヶ月ぶりにやっと会えたと思ってファインダーを覗いたら、まさかの別猫。上矢印ちゃんと相方の黒白、元気にしているんだろうか。
立川市の猫

 ここ2〜3日は雨がちで、今朝も日差しはまったくない。こういう朝の猫はあまり動かない。
立川市の猫

立川市の猫

 猫旅館の玄関前で隻眼の茶トラが朝食を待っていた。確かここは7時からだから、あと40分くらいかな。
立川市の猫

 「待つのは苦じゃないんだよ。僕たち肉食獣はそれが仕事みたいなものだからね」
立川市の猫

 小料理屋の裏手から若いキジトラが出てきた。
立川市の猫

立川市の猫

 何となくアンバランスな体つき。前足が短くない?
立川市の猫

 身を低くしているのかしら。でもマンチカンとかいうのも存在するからなあ。
立川市の猫

立川市の猫

 次の猫もキジトラ。とある寺院の境内を嗅ぎ回っていた。
立川市の猫

立川市の猫

 ここで写真の数が約半分。この続きはまた後日ということで。
 それと、先日ようやく我が家の2匹の尿を採取できたので、デジタル尿比重計で測定してみたところ、生涯初測定のマコちゃんは1.0430で良好、サチコは1.0246で正常値とされる範囲より低かった。今後もこのまま何度か測定を繰り返したあと、食餌を「低たんぱく質・低リン・低ナトリウム」を謳う製品に変えてみて、数値がどう変化するか観察していくつもりだ。腎臓の場合は療養しても数値は上昇せず、下降のカーブが緩くなるだけだと思うので、未処置時のデータを取っておかないと、改善しているのかいないのかが分かりにくい。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 浦安市の猫
  6. 輪島市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP