京王線猫行脚12(千歳烏山→仙川)


三鷹市の猫

 昨日は朝から猫散歩に出かけ、その足で小金井の眼科に行って術前検査を受け、一度帰宅してお昼寝したあと、夕方からは職場の親しい人たちと多摩センターで飲んできた。猫の写真は半分ぐらい用意してあったが、にんにく料理ばかり食べたせいで胸焼けしてしまい、気持ち悪くてブログを公開するには至らなかった。
 来月7日に受ける右目の手術は二つあり、一つは網膜裂孔にレーザ光を当てて癒着させ、濁った硝子体を切除して眼内灌流液に置き換える網膜硝子体手術。これは27Gと呼ばれる0.4mmの切開創で行うもので、現時点の最新技術なのだそうだ。もう一つは水晶体を切除し、人工の眼内レンズに置き換える白内障手術で、眼内レンズは度付きにできるので、視力の矯正にもなる。ただ、完全に矯正してしまうと、右目の視力だけが極端に高くなって、いわゆるガチャ目の状態になってしまうので、左目よりもやや高いくらいに留めることになった。これらの手術は日帰りで同時に行うが、術後感染を警戒するため、3日後、1週間後、2週間後と、しばらくはこまめに通院しなければならない。夜間・休日用の連絡先も用意され、異常時にもすぐに対応できる態勢が取られているとのこと。
 昨日の猫散歩は京王線猫行脚を1駅進めた。ちょうど1週間前、芦花公園→千歳烏山を歩いた時よりも確実に暑く、多湿になっていて、あまり猫を見つけられる気はしなかったが、何でもやってみないことには始まらない。頑張って朝5時前に起きて、自転車で駅へ向かった。
 こちらは早朝の黒煙邸。
府中市の猫

府中市の猫

 いつも地面にいる子なので、見下ろされている感じが何だか新鮮。
府中市の猫

 まだ6時前だというのに、分倍河原から乗った新宿行きの特急は混んでいて、吊革の半分が埋まっているほどだった。スタート地点の千歳烏山に着いたのは6:11。対峙する2匹の猫に遭遇したのは、それから40分あまり経ってからだった。
世田谷区の猫

 ボスと思しき黒と鉢合わせになり、固まる黒白。
世田谷区の猫

 もっと近くで観察したくて、裏手の空き地に回ってみた。黒白は2匹いたのね。
世田谷区の猫

世田谷区の猫

 黒ボスは地面を歩き回っているらしく、茂みからがさがさと音だけが聞こえてくる。
世田谷区の猫

 いくら待っても出てこない黒ボスを諦めて振り向くと、こちら側にも2匹。もしかして、猫の巣窟に迷い込んだかな。
世田谷区の猫

世田谷区の猫

 目つきがフレンドリーじゃないけれども。
世田谷区の猫

 こちらの黒は若い黒。
世田谷区の猫

 ほどなく黒ボスも出てきた。同じ黒でもだいぶ貫禄が違うものだな。
世田谷区の猫

 東京都は狭いと思われがちだが、島嶼を含めればものすごい広さで、有人島で最も遠い小笠原諸島・母島から都心までの距離は1,030km、無人島の沖ノ鳥島は何と1,740kmも離れている。これらのエリアを一律に「都内」と呼ぶことには無理があり、一般的に都内といえば23区、それ以外の市町村(島嶼を除く)は都下または多摩地区、あるいは三多摩などと呼ばれている。三多摩というのはかつての西多摩郡、北多摩郡、南多摩郡をまとめた呼び方だ。
 俺が故郷の函館を出て最初に住んだのは東急田園都市線の青葉台(横浜市青葉区)だったが、そこにいたのは2ヶ月足らずで、それから1989年までは大まかに千代田区、渋谷区、世田谷区の順で引っ越した。1989年の暮れになって初めて国分寺市に移り住み、最初のうちは都落ちしたような気になっていたが、多摩地区のほどよい都会感と田舎感が好きになり、それ以降都内に戻ることはほとんどなかった。
 その時と似たような感慨を持って、京王線猫行脚はついに23区を脱出し、住み慣れた多摩地区へと突入した。千歳烏山→仙川は1区2市が入り組んでいて、世田谷区の次は調布市だと思っていたら、最初に猫を見つけたのは三鷹市内。これまで三鷹市の猫は2012年6月に会った黒白が唯一だったので、8年ぶりの追加となった。
 しかもこれが途轍もなく可愛らしかった。
三鷹市の猫

三鷹市の猫

 こんにちはー。猫好きのおじさんが来ましたよ。
三鷹市の猫

 三毛の姉妹は片方が臆病で、近寄る素振りを見せただけで逃げてしまう。時間をかければ何とかなるかな。
三鷹市の猫

 車の下には不安げな顔つきの茶トラ白。この子がお母さんなのか……、
三鷹市の猫

 それとも奥の方からこちらを見ているこの子なのか。ちなみにおっぱい(最下段)は張っているみたい。
三鷹市の猫

 小石や木っ端で気を引くうちに、少しずつ慣れてきた。
三鷹市の猫

 塀の上には母親候補がもう1匹。この子もおっぱいが張っている。
三鷹市の猫

 そうこうしているうちに、子猫たちはやんちゃモード全開。可愛いねえ。
三鷹市の猫

三鷹市の猫

 この子は物怖じしない子。掴んだ木っ端を離そうとしない。
三鷹市の猫

 はい、ポーズ。
三鷹市の猫

 可憐な姉妹と別れ、再び市境を超えて調布市へ。歩いているうちに雨が降ってきたため、そろそろお開きにしようと先を急いでいると、行く手に猫が見えてきた。
調布市の猫

調布市の猫

 昔、音楽関係の女友達が住んでいたことから、この辺りには割と土地勘がある。猫の多い土地だとは思っていたが、今もそうなんだな。
調布市の猫

 雨粒が気になるくらいの降りになってきた。2時間あまりの散歩を終えて仙川から電車に乗り、予定通り小金井の眼科へ向かった。笹塚からしばらく辛かった京王線猫行脚だが、ここへ来て私鉄沿線らしい、猫影の濃い散歩ができるようになってきた。
調布市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 新北市の猫
  3. 多摩市の猫
  4. 福生市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫

    2020.9.18

    黒白色々
  2. 川崎市の猫

    2020.9.17

    ミモザとサビ
  3. 立川市の猫
  4. 大阪市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 多摩市の猫
  7. 昭島市の猫

    2020.9.12

    親子で雨宿り
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP