寝床いろいろ


立川市の猫

 昨日の記事をアップしたあと、マコちゃんの口の中のほくろを見ていたら、奥歯の歯石がすごいことになっていた。以前から獣医師に指摘されていて、除去するには全身麻酔が必要だというので、体調を観察しながら機会を窺っていた。それでいよいよ病院へと思った矢先、俺には網膜裂孔が見つかるし、サチコは尿比重値が下がるしで、そのたびに先送りになっていた。これ以上放置できないので、次の休みにでも事前検査に連れて行く。
 仕事の方は目の手術に伴い6日間の休暇を取っていたが、今日の夜勤から復帰した。出勤前の散歩コースは中神から旧々居(西立川時代)の近くまで。かつてゴールデン・キャット・ロードだったこのコースも、次第にその数を減らして、今はどう頑張っても全盛期の3分の1ほどしか会えない。特に今日は調子が悪く、特に中神から東中神にかけて、1匹の猫も見かけることはなかった。できればこの子に会いたかったんだがなあ。
 ……というわけで、1匹目は食堂前に佇む茶トラ白。
昭島市の猫

昭島市の猫

 この路地にはずいぶん多くの猫が暮らしていたが、今はこいつくらいしか見かけない。できればもう少し親睦を深めたい。
昭島市の猫

 今日は久しぶりにエビ子に会えた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 基本的にこの子は日中の反応がとても悪い。お昼寝中だったところ、傍らで見守っていた家の主人が「写真撮るよー」と声をかけてくれた。
昭島市の猫

 今日会いたかったもう1匹の猫は灰色の熟女・青2号(会えなかったけど)。棲み処に向けて歩いていると、行く手に茶色いのが立ち止まっていた。
昭島市の猫

 しかし、逃亡。敷地の奥で一旦停止。
昭島市の猫

 このまま膠着状態に陥った。時々「にゃーん」などと鳴いていたので、慎重にやればもう少し接近できたかも知れない。
昭島市の猫

 見晴らしのいい街道沿いでお昼寝中の猫発見。
昭島市の猫

 目立つような目立たないような、微妙な場所だな。
昭島市の猫

 気配を感じて目を開けた。ごめんよ、起こすつもりはなかったんだよ。
昭島市の猫

 一方こちらの黒白は大胆な場所でお昼寝中。もともとここには立派な邸宅が建っていて、広い庭で猫を見かけることもあった。邸宅は壊されてなくなったが、猫にとっては今も変わらず縄張りなのだろう。
立川市の猫

 ていうか君、首に何つけてはりますのん。
立川市の猫

 大腿部を怪我しているようだ。傷口を舐めないように、親切な人がエリザベスカラーをつけてくれたんだね。
立川市の猫

 治療痕が見えるので病院に行ったんだな。うちも早くマコちゃんを連れて行かなきゃ。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 調布市の猫
  3. 中央区の猫
  4. 奥多摩町の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 昭島市の猫

    2020.7.30

    息子さん?
  3. 八王子市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.7.28

    雨降る花街
  5. 立川市の猫
  6. 国立市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 調布市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP