巨大黒猫の鳴く朝


昭島市の猫

 これまで冬の朝の猫散歩というと暗さと寒さに苦しんだ記憶しかないが、今シーズンは職場の配慮により夜勤が多くなっていて、そうした辛い思いをまったくせずに済んでいる。今日は10月31日以来、約2ヶ月ぶりの日勤で、すっかり体がなまっていたが、久しぶりの早朝散歩に挑戦すべく、頑張って5時半に起床した。最低気温は0.7℃止まりで覚悟していたほど低くなく、家から駅まで乗ったバイクを除けば、まったく寒さを感じなかった。
 久しぶりの早朝散歩で歩いたのは中神~西立川。大白斑のオッドアイ巨大黒猫に会いたくて選んだコースだが、東の空に雲がかかって暗かったせいか、既知の猫拠点はどこもかしこももぬけの殻。1匹目の黒を発見したのはすでに散歩終盤で、スタートから1時間以上経ってからのことだった。
昭島市の猫

昭島市の猫

 コントラストが高くて分かりにくいが、こいつは裏手の猫避暑地に住む長毛の黒。相方の茶トラ白にもよろしく伝えておいてね。
昭島市の猫

 巨大黒猫には無事会えた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 こいつは朝早いと箱の中で寝ているし、通学時間帯は小学生に撫でられているし、9時近くになると1階の事務所に入ってしまうので、冬の間はなかなか会えない。今朝は通学路から小学生が消えた8時半を狙ってようやく会えた次第。
昭島市の猫

昭島市の猫

 珍しく鳴き続けているのでよく見ると、左前足を怪我したらしく、びっこを引き引き歩いていた。事務所の人は巨大黒猫をとても可愛がっており、痛がるのを放っておくとは考えられないが、念のためお昼休みに電話してみると、すでに病院で診てもらったとのこと。高齢のため治癒に時間がかかっているそうだが、そういえば俺は巨大黒猫の年齢を知らないのだった。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 久慈市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日高市の猫

    2021.4.16

    ただの牛乳
  3. 八王子市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 日野市の猫

    2021.4.12

    再び足発見
  7. 八王子市の猫
  8. 奥多摩町の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP