取り壊しなんかに負けない


稲城市の猫

 一昨日の夜勤はやっぱりだらだらと忙しく、仮眠を取ることもままならず、普通に散歩して帰宅したら疲労で死にそうな感じだったので、睡眠を優先してブログはお休みした。この日の散歩はカメラに収まった猫もそこそこいた一方、敷地の奥だったり逃げられるなどして、スルーしたのが12匹にものぼり、徒労感が半端なかった。最近あまり成績の良くなかった京王よみうりランド〜稲田堤という区間で、今もなお多くの猫が暮らしていることが分かったのは良かったが、できればもう少し触れ合いが欲しかった。農村の猫は無愛想で辛い。
 嬉しい出来ごともあった。取り壊されて駐車場になった猫民家跡地で、再び猫に会うことができた。
稲城市の猫

 でも以前ここにいた知り合いは、ぱっつん頭じゃなかったなー。
稲城市の猫

 念のため猫民家の建っていた場所を覗いてみると、暗渠の蓋を兼ねた道端からこちらを見ていた。もうここで雨露を凌ぐことはできないのに、やはり縄張りは簡単に捨てられないか。
稲城市の猫

稲城市の猫

 古びた民家の濡れ縁にはキジ白のカップルが住みついていたが、この日見かけたのは彼氏の方だけ。彼女もどこかで元気にしているのかな。
稲城市の猫

「僕はノーカウントですか」
稲城市の猫

 次に見かけたのは、茂みを物色中の長毛キジトラ。
稲城市の猫

稲城市の猫

 2年半近く前、この近所できれいな長毛キジトラを見かけたことがあり(こちら)、帰宅してから当時の写真を確認してみたところ、虹彩の模様が完全に一致した。しばらく会わないうちにずいぶん苦労したようだ。
稲城市の猫

 県境近くに住む白が民家の敷地に潜んでいた。
稲城市の猫

 これ以上近寄ると車の下に隠れてしまって、まったく歯が立たたない。何度か挑戦してみたものの、我ながら挙動が怪しすぎて通報されかねないので、10分ほど粘って諦めた。
稲城市の猫

 県境を過ぎて間もなく、とある民家で台湾名物を発見。
川崎市の猫

川崎市の猫

 台湾の猫のように泰然としていない。近寄ったら少し平たくなった。
川崎市の猫

 最後に立ち寄った定点の猫拠点にはいつものオッドアイがいた。
川崎市の猫

 目元が痛々しくて、オッドアイには見えないんだけれども。
川崎市の猫

川崎市の猫

 もう何年もこの状態で良くも悪くもならず、安定していると言えないこともない。
川崎市の猫

 夜勤前にも散歩しているので、勤務中の仮眠時間が短いと疲れ具合が半端ない。へろへろになって自宅近くにたどり着くと、車の下で監視業務を実施する黒煙ちゃんに遭遇した。
府中市の猫

府中市の猫

 黒煙ちゃんは人懐っこいので、こちらに気づくとすぐに出てきてくれるが、視線は武蔵邸に向けられたまま。もしかしたら黒煙ちゃんは武蔵ではなく、同居猫のクロエさんを見張っているのかも知れない。女心?
府中市の猫

「教えない」
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 奥多摩町の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 三浦市の猫

    2021.10.17

    東京脱出(2)
  4. 三浦市の猫

    2021.10.14

    東京脱出(1)
  5. 立川市の猫

    2021.10.13

    注意力散漫
  6. 新宿区の猫
  7. 立川市の猫

    2021.10.10

    定位置の母
  8. 八王子市の猫

    2021.10.9

    ごん茶トラ

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP