歯医者のついでに


立川市の猫

 前回の二連休は歯医者の予約があると勘違いして早起きし、その勢いで散歩に出ることになったが、今日こそ本当に歯医者の日だったので、からし号に乗って10時すぎに出かけた。治療の方は大した内容ではなく、犬歯にできた小さな虫歯をちょっと削って、レジンを盛って10分ほどで終わり、そのまま中河原から電車に乗って谷保へ向かった。駅の周囲に住む知り合い猫(例えばこちらこちら)に無沙汰を詫びたかったからだが、お昼前という時間帯が悪かったのか、会うことは叶わなかった。
 とはいえ1匹たりとも会えなかったわけではなく、民家の敷地に潜む2匹は何とかカメラに収まった。こいつは無沙汰を詫びるどころか近寄ることも困難な茶トラ。
国立市の猫

 もう1匹は長毛キジ白。どちらも古い知り合いだ。
国立市の猫

国立市の猫

 こいつに初めて会ったのは2013年11月で、スクーター二毛と一緒にシートの上に乗っかっていた。どちらも当時からくたびれた感じの風体だったが、先に見なくなったのは二毛の方だった。
国立市の猫

 谷保が不調だったので、もう少しだけのつもりで西国立へ移動。知った道をぶらぶらしていると、アパートの敷地から猫の鳴き声が聞こえてきた。
立川市の猫

立川市の猫

 この辺りでたまに見かけるキジ白。車の下にも1匹いることは分かっているが、俺の存在はすでにバレているので出てこない。
立川市の猫

 今日は日差しが強すぎて毛並みがきれいに撮れないなー。
立川市の猫

 学校裏の猫アパートで久しぶりに猫を見かけた。
立川市の猫

 階段下で日に当たっていたのは馴染のサバ白。いつも迷惑そうな顔で迎えてくれる子。
立川市の猫

 キジ白の母は今日も不在。冬の間はとても日当たりが悪い場所なので、来ても空振りばかりだ。
立川市の猫

 一方こちらでは燦々と日差しを浴びてお昼寝中。
立川市の猫

立川市の猫

 頭を撫でたら驚いたように目を覚ました。お休み中のところ済みませんね。
立川市の猫

 いつもならすっ飛んで逃げただろうが、今日は睡魔に勝てないみたい。
立川市の猫

 次の猫は路地奥で日なたぼっこ中。このまま近寄ったら逃げられるかな。
立川市の猫

 この直後、予想通り逃げられたが、どこから出てくるかは見当がついている。何しろここは立川勤務時代に何度も繰り返し歩いた街だ。
立川市の猫

「あれ? どうして分かったの?」
立川市の猫

 荒れた庭の濡れ縁にチョビ1号発見。「牛くん」という本名の通り、牛然とした風体だ。
立川市の猫

 こちらに気づいて近寄ってきた。そこだと影がかかってちょっと具合が悪いなー。
立川市の猫

 うーん、お尻に室外機が被ってる……。
立川市の猫

「注文の多い人だね」
立川市の猫

立川市の猫

 散歩の最後には七三の婆さんにも会えた。
立川市の猫

 大人しい性格の婆さんは、七三ファミリーが大方いなくなってからというもの、この家の敷地からほとんど出ることなく過ごしているようだ。俺が最後に敷地の外で見かけたのは7年も前だし、その前となると2012年11月まで遡る。あのころはまだ若かったので、シャム系の遺伝子を持つ婆さんの毛色は今よりだいぶ薄かった。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 東大和市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

3月17日(水)8:00〜20:00、メンテナンスのためサーバを停止します。メンテナンス中はブログへのアクセスを含め、kichijoji.gr.jpに関するすべてのサービスが停止します。あらかじめご了承ください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 川崎市の猫

    2021.3.4

    春の朝の猫
  3. 多摩市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 多摩市の猫
  7. 立川市の猫

    2021.2.23

    ルーツ
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP