歯医者のついでに


立川市の猫

 前回の二連休は歯医者の予約があると勘違いして早起きし、その勢いで散歩に出ることになったが、今日こそ本当に歯医者の日だったので、からし号に乗って10時すぎに出かけた。治療の方は大した内容ではなく、犬歯にできた小さな虫歯をちょっと削って、レジンを盛って10分ほどで終わり、そのまま中河原から電車に乗って谷保へ向かった。駅の周囲に住む知り合い猫(例えばこちらこちら)に無沙汰を詫びたかったからだが、お昼前という時間帯が悪かったのか、会うことは叶わなかった。
 とはいえ1匹たりとも会えなかったわけではなく、民家の敷地に潜む2匹は何とかカメラに収まった。こいつは無沙汰を詫びるどころか近寄ることも困難な茶トラ。
国立市の猫

 もう1匹は長毛キジ白。どちらも古い知り合いだ。
国立市の猫

国立市の猫

 こいつに初めて会ったのは2013年11月で、スクーター二毛と一緒にシートの上に乗っかっていた。どちらも当時からくたびれた感じの風体だったが、先に見なくなったのは二毛の方だった。
国立市の猫

 谷保が不調だったので、もう少しだけのつもりで西国立へ移動。知った道をぶらぶらしていると、アパートの敷地から猫の鳴き声が聞こえてきた。
立川市の猫

立川市の猫

 この辺りでたまに見かけるキジ白。車の下にも1匹いることは分かっているが、俺の存在はすでにバレているので出てこない。
立川市の猫

 今日は日差しが強すぎて毛並みがきれいに撮れないなー。
立川市の猫

 学校裏の猫アパートで久しぶりに猫を見かけた。
立川市の猫

 階段下で日に当たっていたのは馴染のサバ白。いつも迷惑そうな顔で迎えてくれる子。
立川市の猫

 キジ白の母は今日も不在。冬の間はとても日当たりが悪い場所なので、来ても空振りばかりだ。
立川市の猫

 一方こちらでは燦々と日差しを浴びてお昼寝中。
立川市の猫

立川市の猫

 頭を撫でたら驚いたように目を覚ました。お休み中のところ済みませんね。
立川市の猫

 いつもならすっ飛んで逃げただろうが、今日は睡魔に勝てないみたい。
立川市の猫

 次の猫は路地奥で日なたぼっこ中。このまま近寄ったら逃げられるかな。
立川市の猫

 この直後、予想通り逃げられたが、どこから出てくるかは見当がついている。何しろここは立川勤務時代に何度も繰り返し歩いた街だ。
立川市の猫

「あれ? どうして分かったの?」
立川市の猫

 荒れた庭の濡れ縁にチョビ1号発見。「牛くん」という本名の通り、牛然とした風体だ。
立川市の猫

 こちらに気づいて近寄ってきた。そこだと影がかかってちょっと具合が悪いなー。
立川市の猫

 うーん、お尻に室外機が被ってる……。
立川市の猫

「注文の多い人だね」
立川市の猫

立川市の猫

 散歩の最後には七三の婆さんにも会えた。
立川市の猫

 大人しい性格の婆さんは、七三ファミリーが大方いなくなってからというもの、この家の敷地からほとんど出ることなく過ごしているようだ。俺が最後に敷地の外で見かけたのは7年も前だし、その前となると2012年11月まで遡る。あのころはまだ若かったので、シャム系の遺伝子を持つ婆さんの毛色は今よりだいぶ薄かった。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 川崎市の猫

    2021.6.15

    逃亡者多め
  5. 八王子市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 川崎市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP