続・猫に湿気は関係ない?


八王子市の猫

 このブログを始めて間もないころ、「猫に湿気は関係ない?」というタイトルの記事を書いたことがあって、今でも「猫 湿気」といったキーワードで検索して来る人が一定数いる。タイトルに「?」が入っているように、あの時は推測でしかなかったが、あれから3年に渡り夥しい数の猫を観察して、当時の推測が少しずつ確信に変わってきている。体温維持(上昇防止)という観点から見た場合、恐らく猫に湿気はあまり関係ない。
 暑い時、人間は汗をかいて、その気化熱で体温を下げる。湿度が高いと、空気中の水蒸気が飽和量に近くなって汗が気化しにくくなり、体温が上がってぶっ倒れることになる。一方、猫の場合は汗腺が体のごく一部にしかなく、汗で体温を下げることができない。だから猫は暑い時、コンクリートやマンホールの蓋、室内飼いならフローリングの床や玄関の三和土など、熱伝導率の高いものの上に伸びることで、接地面積を広く取って放熱する。猫の体温は38~39℃と人間よりも高く、それらのものがそれより熱くなることはあまりないから、多くの場合これで間に合うのだろう。
 ちなみに、猫の体温調節法には、体を舐め回すことで唾液を気化させ、その気化熱を利用するという説もあるようだ。もしそうだとしたら、猫も人間と同様に、湿度が高いと思うように体温が下がらず、ぶっ倒れることになるわけだが、俺はその説には懐疑的だ。
 一日でいちばん暑くなる14~15時ぐらいに、世の中の猫の多くが何をしているかというと、昼寝である。もし唾液の気化熱で体温を下げるなら、その時間帯は昼寝どころではなく、のべつ幕なしに体を舐めていなければならないはずだが、そんな猫は見かけない。これが唾液説に懐疑的な第一の理由。
 第二の理由は、体温を下げるのに必要と思われる唾液量に対して、水分の摂取量が少なすぎること。もともと水の乏しい砂漠出身の猫が、水分摂取に依存した方法を取ること自体考えにくいし、それだけの水が手に入る場所に住んでいるなら、わざわざ唾液に変換するというまどろっこしい手順を踏まずに、直接浴びれば良いのではないだろうか。もたもたしていたら熱中症になってしまうのだから。
 第三の理由は、唾液をつけるのが体表(皮膚)ではなく、被毛の上からでしかないこと。自分の肌を舐めればそこだけ涼しく感じるが、毛皮のコートを着て同じことをしたらどうなのか、自分の体で実験すれば分かることだ。
 ……長くなってしまったが、そういうわけで俺自身は、猫の体温維持に気化熱方式は使われておらず、したがって猫に湿気はほとんど関係ないと考えている。ただし、例えば乾燥しているとウイルスが浮遊しやすいとか、湿っているとカビの胞子がわんさか舞うとか、そういう影響は普通にあると思う。今回の論点はあくまで「体温上昇防止」ということなので一つよろしく。
 なお、俺は専門家ではないので、誤ったことを書いているかも知れない。我が家の2匹には俺の考えで接するが、これを読んだ方々も、それぞれ勉強されて、自分の知見で愛猫に接すれば良いと思う。
 では今日の猫に行ってみよう。
八王子市の猫

 日勤だった今日は、出勤前に1時間ほど猫散歩を楽しんだ。八王子の栄えてない方からスタートして、最初に見かけたのは、日なたぼっこ中の黒。
八王子市の猫

 ちょっとびっくりしているようだけど、割と人懐っこい子だった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 民家の隙間に挟まっていたのも黒。このあとさらに奥に行ってしまった。
八王子市の猫

 今日も朝から日差しが厳しくて、その後しばらく猫の姿はなかった。ゴール地点の片倉駅の近くまで来て、ようやく次のを発見。まだ8時前だというのに、もう日陰で寝ているようだね。
八王子市の猫

八王子市の猫

 「寝ているんじゃなくて、伸びているんだよ。朝から暑いんだもの」
八王子市の猫

 定点の猫駐車場に寄ってみると、伸びているのがもう1匹いた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 この辺でたまに見かけるポイントカラー。お尻が熱そうだから、たぶん間もなくどこかに移動するんだろうな。
八王子市の猫

 会社帰り、夕闇迫るだらだら坂で、いつもの2匹を見かけた。暑い一日を終えてのんびりしている。
八王子市の猫

八王子市の猫

 真夏になって猫が見つけられない時は、今年もこの2匹にお世話になるようだな。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 所沢市の猫
  2. 多摩市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 奥多摩町の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 国立市の猫

    2020.7.12

    ほくろくらべ
  2. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  3. 昭島市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  5. 川崎市の猫
  6. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  7. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  8. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP