毛だらけで出勤


日野市の猫

 20℃を少しだけ超えたぐらいの気温でも、夜勤明けの日中帯に散歩しているとそれなりに暑かった。スーツに革靴で歩き回っているんだから当たり前だが、日陰に入ると途端に涼しくなるので、油断していると風邪引きさん一直線だ。そのスーツは、昨日仕事に出る時にコロコロするのを忘れていたので、猫の毛だらけになっていた。頑張って掃除しても、部屋の中でシャカシャカ体を掻かれると、猫の毛はとても細いので、どうしても部屋の中を舞ってしまう。
 今日は日野市内を1時間ほど散歩。天気はまずまずだったが猫はしょぼしょぼ。最初に会ったのは、いつもの猫民家で寛ぐ4匹の猫。
日野市の猫

 初めて見るこいつはフォーンかクリームか微妙な毛色だが、blblなどという滅多に見ない遺伝子の可能性は低いだろうから、やっぱりクリームなのかも知れない。以前この隣の家で似たような毛色の巨大な別猫に会ったこともある。
日野市の猫

 時々見かける老夫婦らしき2匹も元気そう。
日野市の猫

 面倒を見ているという92歳の婆さんによれば、最近は外国の猫が増えたのだそうだ。確かに4匹中2匹が灰色にクリームなのだから仰る通り。よく観察している。
日野市の猫

日野市の猫

 準工業地域という中途半端な用途地域のせいか、空き地が多く雑然とした中を歩いていると、巡回中と思しきキジ白に遭遇。
日野市の猫

 とことこ。
日野市の猫

日野市の猫

 「困ったわ、今日はあの子たちに何を食べさせようかしら」
日野市の猫

 最後の猫も大白斑のキジ白。はるか向こうにもう1匹写っているけど逃げられた。
日野市の猫

 最後の2匹は美人だったな。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 福生市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 新宿区の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP