三毛のみーちゃん・茶白のみーちゃん


昭島市の猫

 今日は元妻を伴って地元の某巨大神社に行ってきた。前回滞在していた時に神猫1号に懐かれたので、もう一度会いたがっていたんだが、お正月時期は人が多いので、ほとぼりが冷めるのを待っていた。朝から天気も良く、元妻の調子も良さそうだったので、10時半ごろに家を出てゆっくり歩いてみた。
 まずは家の近くの細い路地に入って、シャム混1号を探してみたが、冬の間は家に引きこもって出て来ないせいか、今日も会えなかった。代わりに麦わら1号が空き地で日なたぼっこしていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 麦わら1号は枯れ草の原っぱがお気に入り。
昭島市の猫

 この間の総選挙の時にも見かけた三毛の姉妹が今日もいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 猫ってこんなところも歩けるんだな。
昭島市の猫

 生け垣の中には茶トラ白もいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 五日市鉄道の廃線跡の道路を下りていくと、道端の民家にキジトラがいた。初めての子かなあ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 今日になっても某巨大神社には参拝客が多く、あいにく神猫1号は不在。神社の下の路地を行くと、屋根の上に三毛のみーちゃんがいた。
昭島市の猫

 ご飯も屋根の上で食べているらしい。
昭島市の猫

 猫マンションにはいつもの茶トラ白。前より毛並みがきれいになった?
昭島市の猫

昭島市の猫

 時々見かける黒白もいた。
昭島市の猫

 しかし、逃走。
昭島市の猫

 「それー、すたこらすたこら」
昭島市の猫

 こちらは茶トラ白のみーちゃん邸。今日は庇の上にいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 アクティブなみーちゃん。
昭島市の猫

 今の時期は参拝の車が頻繁に家の前を通るので、外には出て来なかった。
昭島市の猫

 唐突に古墳に移動。ここに来る予定ではなかったんだが、今朝たまたまテレビでここが紹介されていたので、子猫たちに会いたくなってしまった。
府中市の猫

 「ごつごつしていて登りにくいなあ」
府中市の猫

 ほかの子供たちは民家の玄関先で昼寝中。今日もお母さんには会えなかった。
府中市の猫

府中市の猫

関連記事一覧

  1. 調布市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 国分寺市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 小田原市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 調布市の猫

    2020.4.7

    お焦げさん
  2. 府中市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  5. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  6. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  7. 多摩市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP