京王線猫行脚24(府中→分倍河原)


府中市の猫

 冬の安定した天気を狙い、満を持して臨んだ京王線猫行脚だったが、思いのほか北風が強かったせいで惨憺たる結果だった。規定数の3匹は満たしているのになぜ「惨憺」なのかというと、今日の府中〜分倍河原というコースが俺の地元だからだ。本来なら一度に載せ切れないくらいの猫に会って、お馴染さんには年の瀬の挨拶まで済ませるくらいじゃなければならないのに、12kmも歩いて3匹しか見つけられないとは……。
 とはいえ会えたことには感謝しているし、中にはとても愛くるしいのもいたので、散歩そのものは疲れたが楽しかった。もし無愛想なのばかりだったら、今日の猫行脚はなかったことにして、後日またやり直していたかも知れない。
 たった3匹で前説を引っ張っても仕方がないので本題へ。府中駅をスタートしたのは9時ちょうどで、1匹目だけは割とたやすく見つけられた。ここは時々猫が屋根に乗っかっている家で(一例)、今日は三毛が日なたぼっこしていた。
府中市の猫

府中市の猫

 もう少し手前に出てきて欲しくて色々気を引いてみたが、きょとんとするばかりで動かない。全身はこんな感じの子。
府中市の猫

 その後、心当たりの猫拠点をいくつも回ってみたものの、どこもかしこももぬけの殻。次の猫を見つけた場所は三毛の家から250mしか離れていないのに、あちこち歩き回って2時間近くも経過していることがとても辛い……。
府中市の猫

 お、お願いだから逃げないで。
府中市の猫

「……」
府中市の猫

 にこやかに、辛抱強く舌を鳴らしていたら、思いが通じた!
府中市の猫

府中市の猫

府中市の猫

 伸びーからの、奇跡のごろーん。
府中市の猫

 にゃあと鳴きながら、さらにごろーん。
府中市の猫

府中市の猫

 はにかんだ様子で転がるキジ白を堪能。君のこと一生忘れないからねっ。
府中市の猫

 ここは既知の猫路地。行ったり来たりを何度か繰り返しているうちに、不審なニンゲンを訝しむ猫が顔を出した。
府中市の猫

府中市の猫

 上目遣いに睨んでおる。
府中市の猫

 君に会えて良かった。これだけ歩いてやり直しだったら心が折れていたよ。
府中市の猫

 この路地ではほかにも2匹見かけたが、どれだけ粘っても出てきてもらえず、諦めて帰宅した時には正午を過ぎていた。黒煙ちゃんも見かけたが、あの子には次回の分倍河原〜中河原で登場願えるとありがたい。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 大田区の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 日高市の猫
  4. 日高市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP