まさかの雪中猫散歩


昭島市の猫

 氷点下3.1℃だった一昨日の早朝散歩よりも、今日の夜勤前の散歩の方がよほど寒くてキツかった。天気予報サイトにはお日様マークが並んでいて、安定した冬晴れが続くものと思っていたら、お昼前には日が翳り、スタート地点の拝島駅に降り立ったころには雪まで降ってきた。3~4℃で推移していた気温もさることながら、日差しのないところへ最大瞬間風速14.9m/sという強い北風が吹いて、大した防寒性もない仕事服ではあっという間に体温が奪われる。今日は拝島の知り合いを訪ねて回るつもりだったのに、これでは誰にも会えない思って絶望しかけたが、こんな日でも猫は割と普通に出歩いているから不思議だ。寒さでだいぶ体が蝕まれたが、会いたい子にもそれなりに会えたので助かった。
 1匹目はお散歩帰りと思しきキジ白。それほど親しい子ではないが、試しに舌を鳴らしたら止まってくれた。
昭島市の猫

 君たちの冬毛は強力だね。俺なんか足腰が冷えちゃって氷みたいだよ。
昭島市の猫

 ……って微妙に目線逸れてるし。
昭島市の猫

 人の話を聞かんかいっ。
昭島市の猫

 ここは拝島時代の旧々々居付近。崖線に沿って上下に展開する住宅地を覗くと、高い方の階段に1匹の猫が座っていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 これは美人な茶トラ白。一昨年の10月以来だけど、君のことははっきり覚えているよ。
昭島市の猫

 階段の茶トラ白と相対するように、道路向かいの低い方には野郎どもが2匹。さすが美人は注目されているな。
昭島市の猫

昭島市の猫

 ちなみにうしろのキジ白は子猫時代(2018年8月)からの知り合い。あの華奢だった子がこんなに貫禄たっぷりに育ってくれて、おじさんはとても嬉しい。
昭島市の猫

 細かな雪は降り続いているが、舌を鳴らす音を聞きつけて、キジ白3号はすぐに出てきてくれた。
昭島市の猫

 2ヶ月半ぶりだねー。元気だったかー。
昭島市の猫

 指でご挨拶。歯がないから痛くないよ。
昭島市の猫

 こんな天気だし、ほかの誰に会えなくても仕方ないけど、君にだけは会いたかった。背中に雪がついちゃってるから、寝床で暖かくして休んでね。
昭島市の猫

 冷えた毛皮に落ちた雪は溶けずに残っている。
昭島市の猫

 拝島から某巨大神社まで歩いたあと、バスを途中で降りてエビ子の家にも立ち寄ってみたが寝床は空。玄関前にカリカリのゲボが残っていたので、元気にしていることは確かなようだ。残りはエビ邸付近で見かけた猫たち。
昭島市の猫

昭島市の猫

 毛並みのいい茶トラは民家の敷地に隠れてしまって出てこない。
昭島市の猫

 最後の1匹も似たような結果で、2021年の散歩はこれで終了と相成った。
立川市の猫

 今日は玄関で見送る妻に「良いお年を」と言って家を出てきた。元旦の明日は仕事帰りに馴染の猫たちに会い、帰宅したら「明けましておめでとうございます」と妻に挨拶する。こういう生活、意外に気に入っていて、体さえ持つならもっとずっと続けてもいいような気がしてきている。来年はとろろ昆布の味噌汁や納豆をたくさん食べて、なるべく死なないように心がけよう!
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 中央区の猫
  6. 多摩市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 多摩市の猫
  2. あきる野市の猫
  3. 福生市の猫

    2022.5.20

    二つの記念日
  4. 八王子市の猫

    2022.5.19

    暗い朝の2匹
  5. 東村山市の猫
  6. 相模原市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP