冬毛のキジトラ


立川市の猫

 昨日は見かけた猫こそ多かったものの、すべて撮影不能あるいは逃げられるなどして休載を余儀なくされた。今日は5日間の日勤の終わりの日でもあり、せめて3匹程度は会いたいと思い、猫勘の利く西国立~立川北を歩いてみた。10年前なら見つかりすぎて困っちゃうほどのコースだが、今は最盛期の1割かそれ以下にまで減っており、ゼロにならないまでも3匹行くかどうかも覚束ない。とりわけ日勤のうちに確認したかったのは、長毛白ほかたくさんの猫が集まる朝食会場で、去年8月を最後に何度訪ねても誰もいない。日中帯に近所の家でお昼寝している姿を見かけることはあるので、単に宴会場をどこかに移しただけだと思うが、こうも鮮やかに全員いなくなるものだろうか。今朝も付近を丹念に探してみたが、やはり猫一匹見つけることはできなかった。
 公園のキジトラがベンチでちょこなんとしていた。
立川市の猫

 夏の間はかなり早くから起きているけど、寒くて暗いこの季節はあまり会えない子。今朝も氷点下2.4℃とそれなりに冷え込んだ。
立川市の猫

 太って見えるのは冬毛のせいだと思う。この季節に会うことはあまりないので何だか新鮮。
立川市の猫

 今朝は珍しく懐いてきた。尻尾にややためらいが見えるけど……、
立川市の猫

 ごっ。
立川市の猫

 この子に初めて会ったのは2012年11月。いつも忘れられたころに訪れるのでなかなか親睦が深まらない。
立川市の猫

 定点の猫路地で久しぶりに猫を見かけた。
立川市の猫

立川市の猫

 ここでよく見るサビ(こちら)かと思ったら違ってた。差し毛のような白い毛がとても気になるが、それだけで三毛とは言えないので、現時点では二毛に分類しておく。白斑遺伝子由来の白斑と断定するには、四肢の先端が白くなっていることを確認したい。
立川市の猫

 ここは2週間前、隻眼の茶トラが寝ていた路地。今朝は灰色のお尻が見えている。
立川市の猫

 早くもバレている。
立川市の猫

立川市の猫

 慎重派の灰猫は5回会ったら4回は逃げれられる。一応これでも子猫の時からの知り合いなのになあ。
立川市の猫

「ちょっと前を通りますよ」
立川市の猫

 とててて。
立川市の猫

立川市の猫

 ぴちゃぴちゃごくごく。
立川市の猫

「とても喉が渇いていたの。今夜また雨か雪だっていうから助かるよ」
立川市の猫

 喉を潤したキジトラは忙しそうに走り去った。明日は少し遠出するのでブログはお休みする予定。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 調布市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 横浜市の猫
  7. 国立市の猫
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP