桜を訪ねる猫散歩(1)


国立市の猫

 今日は朝のうちから出かけて地元の桜スポットをまったりと巡回してきた。ドピーカンとまでは行かないものの、青空もそれなりに見えており、その割に朝の気温は3〜5℃程度と冷涼だったので、猫たちも体を温めに見えるところへ出てきていた。こまこま散歩に行くなら今日のような日が良かったと思わないでもないが、高麗と地元を天秤にかけた結果このような日程を組んだのであり、馴染の猫にもたくさん会えたので結果的には良い二連休だった。撮った写真も微妙に多かったので、やや中途半端ではあるが今日は前半の16点を紹介し、残りの23点は後日なるべく早いうちに載せる。
 3箇所もハシゴしても午前中に帰ってこられるから地元散歩というのはいいものだ。少し休憩したあと、お昼前にサチコを病院に連れて行き、午後からは撮った写真を整理して現在に至る。サチコは冬の間からくしゃみと鼻水を頻発していて、春になったら改善するかと思って様子見していたが、変化が見られないのでかかりつけを受診した次第。抗生物質を服用してまたしばらく様子を見ることになった。
 最初に向かった散歩先は久しぶりの谷保。ここのところまったく足が向かなくなっていて、スクーター二毛を始めとする馴染の猫たちの消息も分からないくらいだったが、路地をうろうろしているうちにひょっこり現れた。
国立市の猫

 1年7ヶ月ぶりの美人サバトラ。眩しそうに目を細めている。
国立市の猫

国立市の猫

 ぱっと見、以前と同じ体格で元気そうに思ったが、よくよく観察してみると被毛の一部が荒れていたり、くしゃみを連発するなどして、あまり調子が良くない様子だった。推定で9歳ぐらいだからまだ壮年期だと思うんだがなあ。
国立市の猫

 そうこうしている間にもう1匹登場。あれもここらでよく見かける長毛キジ白。
国立市の猫

国立市の猫

 以前は仕事の行き帰りによく君たちを訪ねて来たものだけど、近隣の猫がみんないなくなってしまって、ここだけ残った感じなので、散歩コースに組み込みにくいんだよなあ。
国立市の猫

 まあ、そのうちまた来るよ。
国立市の猫

 一方こちらは桜の巨木の猫民家。巨木すぎてかなり引かないと全景が収まらず、ここで猫と桜を撮影するなら、花びらが地面に散ってからの方がいいというロケーション。これでも少し剪定して小さくなっているんだけれども(2017年4月の様子)。
立川市の猫

 猫の方は都合よく2匹とも出てきた。
立川市の猫

立川市の猫

立川市の猫

 ここは桜の時期だけでなく、雨や雪の日にもよく来るので、すっかり変人を見る目つきだな。
立川市の猫

 母子揃ってカメラに収まるのは久しぶり。お騒がせして済みませんね。
立川市の猫

立川市の猫

 今日のところはここまで。明後日の天気予報が終日ほぼ雨なので、残りはその時に載せるつもりだが、例によって後出しじゃんけんで予報が変わる可能性もあり、どうなるかは蓋を開けてみないと分からない。季節ネタということもあり、桜が散る前に紹介できればいいんだけれども。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 基隆市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 横浜市の猫
  7. 国立市の猫
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP