ご機嫌なサバ白


立川市の猫

 来月の勤務シフトについて、特にあれこれ希望を出さずにいたところ、何ヶ月ぶりかで日勤が並ぶことになった。朝しか会えない猫もいるので楽しみな反面、時期的にまだ早すぎるという事情もあって、嬉しいような悲しいような複雑な気持ちだ。2月1日の東京の日の出時刻は6:41で、最も遅かった今月初旬の6:51から10分しか早まっていない。月末には6:13になるのでだいぶ明るくなると思うが、少しでも雲があればそれでもキツい。こういう場合は散歩の時間帯を後倒しするべく、職場の近くを散歩する方が有利なので、今までより多少は多摩ニュータウンの開拓が進むかも知れない。
 今日の夜勤前の散歩は立川から高松までの5.8kmを2時間かけて歩いた。距離の割に時間がかかっているのは、途中、30分ほど足を止めて対峙した猫がいたからだが(こいつ)、最終的には逃げられてカメラに収めることは叶わなかった。1匹目はとあるスナックの隙間にて。
立川市の猫

 実はここ、先月18日に通りかかった時にも鉢割れのキジ白が潜んでいた場所。いつも新鮮な飲み水が用意されていて、近所の猫たちのオアシスになっているようだ。
立川市の猫

 こいつを見かけるのは去年8月以来の3回目。初めて会った2016年8月当時は毛並みに艶があって若々しかったが、あれから5年半経ってだいぶくたびれた。ぱっと見、黒白のようで実はキジ白。
立川市の猫

 猫旅館跡地に猫影はなく、この辺で寝ているだろうと思った場所で茶トラが寝ていた。
立川市の猫

立川市の猫

 一応、枯れ草は保護色なのかな。君の毛色はだいぶ赤味が強いようだけど。
立川市の猫

「うるさいな」
立川市の猫

 路地の彼方を横断する猫発見。
立川市の猫

 おーい、待ってくれー。
立川市の猫

立川市の猫

 駐車場の車の隙間を縫って俺を巻いたつもりの茶霜降り。貫禄充分ながら驚きを隠せない。
立川市の猫

 先月も訪れた猫路地を覗いてみると、ラッキーなことに、また会いたいと思っていた子が座ってこちらを見ていた。
立川市の猫

立川市の猫

 おお、尻尾ぴーん! やっと俺の猫愛を分かってくれたか。
立川市の猫

立川市の猫

 今まではつれない感じだったけど、なぜか今日は尻尾が立ちっ放し。何か心境の変化があったのかな。
立川市の猫

「教えなーい」
立川市の猫

 そんな俺たちの様子を車の下から眺めているのもいた。
立川市の猫

 もしかして君たちはご飯待ち? 俺、ご飯の人と勘違いされてる?
立川市の猫

立川市の猫

 返事はないけど猫が増えるのできっとそう。
立川市の猫

 今日は曇りがちで北風も吹いており、あまりいないだろうと思っていたが、動機は何であれそれなりに会えたので良かった。このほかにも逃げられるなどしてスルーしたのが3匹いたので、まあ盛況の部類だと思う。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 基隆市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 横浜市の猫
  7. 国立市の猫
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP