まっくろくないねこすけ


川崎市の猫

 3月の台湾というと天気が良ければ30℃を超えることもあり、マスクを付けたまま猫を探すのはキツいかも知れないと思っていたところ、来月から屋外のマスク着用が不要になるとのことで正直助かった。山間の原住民集落などは神経質になっているところもあるようで、規制が緩められたとしても実際どうするかはその場で判断するつもりだが、のべつ幕なし付けっ放しじゃなくなるだけでもだいぶ違う。旅程はほぼ完成していて、12月~1月にかけて国内線の飛行機を予約したら完全に固定されるが、花東線の不通区間(玉里~富里)だけは未だ空白になっている。代行バスはあっても特急列車のダイヤをカバーできるようなスピードではないので、訪台まで復旧しないようなら宿泊地を変える必要が生じる。できればまた瑞穂温泉に泊まりたいんだけれども。
 4日ぶりとなった今朝の散歩は津田山付近を1時間ほど歩いた。本来なら津田山~久地とか武蔵溝ノ口~久地を歩いて猫まみれになれるはずのエリアだが、日の出から始業時刻まで短くなっていることからコースを短縮せざるを得ず、歩いた距離も3.5kmに留まった。
 散歩開始から10分後、目の覚めるような急傾斜地で1匹目に遭遇。隙間からこちらを見つめているのが分かるかな。
川崎市の猫

 ほら見てる。
川崎市の猫

 この子は7月にも見かけた黒いお母さん。胸元の白い差し毛が目印。
川崎市の猫

 一方こちらは子猫。訝しんでいるのとシャカシャカしているのがいるね。
川崎市の猫

 高みで見張っているのがお母さんかな。ここは子猫がたくさんいるので誰が誰だかさっぱり分からない。
川崎市の猫

川崎市の猫

 麦わらもたくさんいるので誰が誰だか分からない(こちらこちら)。
川崎市の猫

 車の下にも潜んでいそう。まっくろくろすけ出ておいでー。
川崎市の猫

 おわっ。
川崎市の猫

 黒くないけど呼んだら出てきた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 壮観な子猫たち。2匹の茶トラ白は10月中旬に会った時より少し大きくなったね。
川崎市の猫

 傍らのこの子もお母さんっぽい。今朝は久しぶりの散歩で眠いけど、頑張って来た甲斐があった。
川崎市の猫

 最後まで踏み止まったのは茶トラ白が1匹。ここの猫たちは警戒心が強く、足を踏み入れると同時に大部分が隠れてしまうので、何匹いるのかまったく分からない。まさにまっくろくろすけ(黒くないけど)。
川崎市の猫

 そんな俺たちの様子を密かに窺っているのもいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 黒のきょとんとした顔って可愛らしいなあ。
川崎市の猫

 傾斜地の猫拠点を通りすぎたあとはぼちぼち。カメラには2匹の猫が収まった。
川崎市の猫

川崎市の猫

 ここは数匹の猫が暮らす猫民家。前回ここには茶トラ白が座っていた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 最後はサビに逃げられて終わったが、1時間でこれだけ可愛いのに会えれば御の字。多少曇っていたが、6時半すぎには何とか写真を撮れるぐらい明るくなっていたので、もうしばらくは朝の散歩を頑張れると思う。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 江東区の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 熱海市の猫
  7. 八王子市の猫

    2023.1.26

    寒波二日目
  8. 八王子市の猫

    2023.1.25

    寒波初日

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP