彼方の看板猫


立川市の猫

 千島列島から八重山諸島にかけて3,000kmにも及ぶ寒冷前線が通過し、昨日の午後から今朝早くにかけてかなり天気が荒れたようだが、散歩には影響なく普通に出かけて立川~西国立を歩いてきた。6時の時点で東の空に厚い雲がかかっていたため、昨日の同時刻に比べると圧倒的に暗く、立川を出て数分後に通りかかった上矢印邸はまだ真っ暗。写真は明るく仕上げてあるが、実際はとても撮影できるようなレベルではなく、一度は素通りしかけてふと足を止めた。定位置にぼんやりと浮かぶ猫影が2匹に見えたのだった。
立川市の猫

立川市の猫

 あららー、相方の黒白さん、元気だったのー。
立川市の猫

 先日から姿を見せている霜降りの茶白にしては色調がモノトーンだと思い、近寄ってみたら黒白だったという次第。5月以降まったく姿を見なくなっていたので正直諦めていたが、再び元気な姿を見られて小躍りするほど嬉しかった。なおこの場所は敷地の中でもひときわ暗く、手持ちでブレずに撮れたのは奇跡的(絞りF5.6、シャッタースピード1/4)。
立川市の猫

 普段は西国立から立川へ向けて歩くことの多いコースだが、今朝はもっと早くに前線が通過してすっきり晴れる想定で逆向きにした。日が当たる時間になれば西国立の看板猫に会えるかもと思ってのことだったが、この天気、完全に読みが外れてしまった……。
立川市の猫

 猫には会えるので嬉しいんだけれども。
立川市の猫

「俺はそうでもないけどな」
立川市の猫

 同じキジトラでも次のは顔見知り。朝食後の消化タイムらしく、民家の敷地でじっとしていた。
立川市の猫

立川市の猫

 時々見かける顔だが懐く兆しはなく、何となく見つめ合って立ち去るという関係性。
立川市の猫

 いつも長毛白と一緒のキジ白が今朝は1匹だけで佇んていた。
立川市の猫

 鼻水が出ているようだ。そういや長毛白も風邪っぽかったな。
立川市の猫

立川市の猫

 こちらは桜の巨木の猫民家。落ち葉かきに出ていた主人に挨拶して敷地に入ると、玄関ポーチに引っ込んで様子を窺っていた。
立川市の猫

立川市の猫

 この家で猫に会ったのは久しぶり。4月を最後に見なくなったオッドアイの消息を訪ねると、ちょうどそのころ親子喧嘩して飛び出して行ったきり行方が分からなくなってしまったとのこと。残されは母はのほほんとしているように見えるけど、俺ちょっとショックだよ……。
立川市の猫

 桜の巨木邸へ向かう10分前にも通った路地。さっきは誰もいなかったベランダに看板猫が出ていた。
立川市の猫

 だいぶ離れているけど、看板猫に会いたいという目的は一応果たした。明日はもう少し明るくなってくれないかなー。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 日高市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 熱海市の猫
  7. 八王子市の猫

    2023.1.26

    寒波二日目
  8. 八王子市の猫

    2023.1.25

    寒波初日

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP