夫婦か親子か兄妹か


川崎市の猫

 職場の体制変更により予想通り忙しかったので、今日はちゃっちゃっと載せてさっさと寝る。書きたいことは時間のある時に、ちゃんと推敲してから書く。
 出勤前の散歩は津田山から久地までの5.5km。このコースを選ぶのは夜勤前がほとんどで、今日のように日勤前に歩くのは恐らく初めてだ。通常の9時出勤だと時間が足りないが、10時出勤ならゆっくり歩いても余裕がある。あいにく朝のうちは雲が厚くてかなり暗く、尋常性白斑猫その仲間たちに会うことは叶わなかったが、それ以外はぼちぼちだった。
 津田山をスタートしたのは6時すぎ。ひっそりとした住宅街を1匹の茶トラ白が巡回していた。
川崎市の猫

 呼んだら尻尾を立てて近寄ってきた。悪いけど今日は手ぶらなんだよ……。
川崎市の猫

 尻尾下がっちゃった。
川崎市の猫

 巡回を続ける茶トラ白を見送ったあと、近所を一回りして戻ったら、同じ場所に黒白が座っていた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 近寄る素振りを見せたら早くも逃げ腰。お願いだからもう少し我慢して。
川崎市の猫

 茂みの奥へ隠れてしまった。目がまん丸だと子猫みたいだねえ。
川崎市の猫

 唸り声が聞こえたのでよくよく見たら、さっきの茶トラ白がこちらを睨んでいた。おっぱいが張っていたので子持ちかも知れないが、茶トラ白の母が黒白の子を産むことは遺伝的にあり得ないので、夫婦か姉弟かも知れない。
川崎市の猫

川崎市の猫

 道路向かいの民家の庭には三毛が潜んでいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 とある民家の玄関前でご飯待ちの2匹。7時を過ぎたのでそろそろ出てくるころかな。
川崎市の猫

川崎市の猫

 関係性不明の2匹。現場では夫婦だろうと思っていたが、どちらも大白斑だから兄妹かも知れない。まあ猫の場合は両方を兼ねることも珍しくないんだが。
川崎市の猫

 ちなみにキジ白は去年1月以来で、三毛は3月に会ったばかり。帰宅して調べるまでまったく気づかなかったが、今日ここまでに会った猫はすべて過去にも会っていて、特に最初の茶トラ白に至っては2014年の6月、南武線猫行脚の時に同じ階段で見かけていた(こちら)。最近猫の顔を覚えられなくなってきたかも……。
川崎市の猫

 最後の猫は久地駅近くで見かけた赤いキジトラ。美人さん一族のような毛色の子。
川崎市の猫

川崎市の猫

 きょとんとした表情なのは、初対面の俺にいきなり撫でられたから。もう少しやって欲しいようにも見えたので、この写真を撮ったあと、もうしばらく撫でくり回してからその場を辞去した。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 江東区の猫
  5. 立川市の猫
  6. 和光市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  3. 宮古市の猫
  4. 久慈市の猫
  5. 三鷹市の猫
  6. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配
  7. 八王子市の猫
  8. 洋野町の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP