牡蠣食べたい(生)


昭島市の猫

 相変わらず雨がほとんど降らない今日このごろ。昨日と今日は仕事がお休みだったので、あんまり交通費がかからなくて、面白そうな場所はないかと色々考えた結果、今朝は四方津しおつに行ってみることにした。
 四方津という駅を知っている人は多くないかも知れないが、駅前から山に向かって長い斜行エレベーターが設置されているのを、車窓から見たことのある人もいるだろう。その終点はバブル末期に造成された分譲住宅地になっている。当時は都内の不動産が高騰していたので、こうした無理っぽい場所に住宅地を造成する例がいくつもあって、ここから都心に通勤する人々は、「山梨都民」とか「山岳サラリーマン」などと呼ばれていた。
 乗った電車はいつもの出勤と同じ6時半の八高線。駅に行く道すがら、残土置き場の空き地にシャム混1号がいた。
昭島市の猫

 土を盛った時点で、近所の猫たちの遊び場になると確信していたが、やっぱりそうなったな。
昭島市の猫

 梅雨時期の空はこんなんだから、写真は撮りにくいんだよな。
昭島市の猫

 土盛りから下りて所定の位置に収まったシャム混1号。
昭島市の猫

昭島市の猫

 目的地に着いて広い住宅街を歩いてみたが、色々気配はあるものの、発見できたのは麦わら1匹だった。
上野原市の猫

上野原市の猫

 横では蚊取り線香が燻っていた。優しい飼い主さんのようだね。
上野原市の猫

 ちょっと淋しい結果だったので寄り道。七三ファミリーの縄張りで母に会った。
立川市の猫

立川市の猫

 母に会うのは久しぶりだなあ。目の調子が悪いみたいだけど、とりあえず無事で何より。
立川市の猫

 いつもの猫路地にも寄ってみた。手前左は赤提灯のサバ白だが、逃げられた。奥にいるのは三毛2号かな。
立川市の猫

 三毛2号は小料理屋のおかみさん待ち。
立川市の猫

 小走りに現れたキジトラ。
立川市の猫

 久しぶりのJTK。この辺りも解体とか新築とか色々あるから、心配していたんだよ。
立川市の猫

 JTKの後ろにある牡蠣殻が気になる。ああ牡蠣食べたい。気仙沼で食べた巨大カキが忘れられない。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 基隆市の猫
  2. 台北市の猫
  3. 台南市の猫
  4. 中野区の猫
  5. 調布市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 調布市の猫

    2020.4.7

    お焦げさん
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  6. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  7. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  8. 多摩市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP