冬毛でチャウチャウ化


府中市の猫

 15〜16日の御蔵島の天気予報が芳しくなく、雨量50mmなどと書かれていて絶望していたが、ここに来て予報に変化の兆しがあり、現時点で15日は終日曇りになっている。今度のリベンジ猫旅は最悪でも御蔵島と大島で1匹見つければ目的は達成するので、せめて初日だけでも晴れ間が欲しい。今月が無理なら当分無理ということもあり、悲願に近い気持ちで天気予報を見守っている。
 今日は妻の用事に同行したので散歩に割ける時間があまりなく、猫そのものはたくさん見かけたが、気長に待つこともできずに何匹もスルーする結果となった。最初に遭遇したのは8月下旬以来のシルバー三毛で、ここ3ヶ月ほど空振りだったので会えて良かった。
日野市の猫

 あちらはあまり嬉しそうじゃないけど。
日野市の猫

 逃げかけのところを何とか捕捉。よく見ると右目が少し白濁しているようで、帰宅してから過去の写真を確認したところ、出会ったころからそうだったようだ。
日野市の猫

 日が高くなるにつれて雲が消え、遠くには富士山も見えてきた。猫は畑でまったりしている。
日野市の猫

日野市の猫

 天気のいい冬の朝はたいていここで日に当たっている子。元気そうで何より。
日野市の猫

 地元に戻ってからは2匹の猫に会えた。
府中市の猫

 こいつはいつも同じ場所にいるのでアングルまで固定化してきたな。
府中市の猫

府中市の猫

 冬毛の君はチャウチャウみたいな顔をしているね。
府中市の猫

 あら、また余計なこと言って親密度を下げちゃったかしら。人間社会と同じ失敗を猫にもしてしまう俺。
府中市の猫

 建物の隙間にキジトラが佇んでいた。
府中市の猫

 数ヶ月おきぐらいの割合で見かけるご近所さん。今日は20.9℃まで上がって暑かったので、猫たちも冬毛を持て余して日陰に隠れている。
府中市の猫

府中市の猫

 古い航空写真を見ると、この辺りには1960年代まで一面の水田が広がっており、猫の佇む謎の隙間は荷車が入れる程度の畦道になっていたようだ。宅地化後も赤道あかみちとして残ったものの、新しい家はみな自動車の通れる広い市道を向いてしまったため、防犯対策として防護柵を設けたのだろう。我が家の近所にはこの手の打ち捨てられた赤道が無数にあって、猫の巡回路になっているし放課後の小学生が探検していたりもする。猫に用のある俺ももちろん通る。
府中市の猫


関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 八丈町の猫
  3. 台西郷の猫
  4. 川越市の猫
  5. 中央区の猫
  6. 調布市の猫

お知らせ

▶このブログは日本語で記述されています。メインメニューから他の言語を表示することもできますが、Google翻訳を使用しており正確性は保証されません。這個部落格以日文撰寫。從主菜單中可以查看其他幾種語言。這些語言由Google翻譯、不保證準確性。This blog is written in Japanese. Several other languages can be viewed from the main menu below. These are translated by "Google Translate" and accuracy is not guaranteed.

▶ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 新宿区の猫

    2024.2.19

    雨の逢瀬
  3. 甲府市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 八王子市の猫

    2024.2.14

    お仲間集合
  7. 稲城市の猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP
一日一猫の更新情報を受け取りますか? 受け取る 結構です