茶トラ白三連荘


日野市の猫

 今朝の散歩は登戸方面を散歩するつもりだったが、直前になって気が変わって平山の猫ヶ丘へ行くことにした。今月から少し仕事が忙しくなっていて、出勤前に何か食べておかないとお腹が持たない。多摩センターで腹ごしらえするとなると、登戸を7:40ごろには発たないと間に合わないので、今の日の出時刻からすると1時間ぐらいしか散歩できず余裕がない。台湾猫旅から戻るころには日の出が5時半近くにまで早まるし、そのころには今よりもっと遠出できるようになるので、もう少しだけ我慢する。
 平山で最初に見かけたのは顔見知りの美人鉢割れ茶トラ白。
日野市の猫

日野市の猫

 切れ長の目尻が魅力的な子。朝はたいていこの辺りでちんまりしている。
日野市の猫

 ご飯の家はまだ雨戸が閉まっている。いつも7時ぐらいには開くのに、今朝は家の人が寝坊したかな。
日野市の猫

 こちらは梅の花咲く猫民家。地面でシャカシャカしているのがいるね。
日野市の猫

日野市の猫

 誰かと思ったらスッパニャン。最近見ないと思っていたけど、元気にしていたようで良かったよー。
日野市の猫

 少し印象が変わったような気がして、よくよく考えてみたら、カメラを向けても酸っぱい顔をしなくなったんだな。以前は頑なに目を閉じてしまって歯が立たなかった(一例)。何か心境の変化があったんだろうか。
日野市の猫

 そして今朝は3匹連続の茶トラ白。猫ヶ丘は伝統的に茶系の猫が多い。
日野市の猫

日野市の猫

 ここに住む猫の多くは血縁関係なのだろう。以前はこうした毛色に偏りのあるエリアをいくつか知っていたが、今はもうここぐらいしか残っていない。立川の茶猫タウンなどは猫自体ほとんどいなくなった。
日野市の猫

 最後の猫は高台に住む馴染の三毛。舌を鳴らしながら歩いていたら、いつものようにどこからか現れてこちらを凝視していた。
日野市の猫

日野市の猫

 難しい顔つきでにじり寄ってくる。
日野市の猫

日野市の猫

 相変わらず懐いてはもらえないが、初めて会ってから3年近くになり、だいぶ意思の疎通が図れるようになってきたので、「ウーちゃん」という仮の名前で呼ばせてもらうことにする。近寄ろうとするとウーと唸って怒るからウーちゃん。でも離れるとなぜか追いかけてくる不思議な子。
日野市の猫


関連記事一覧

  1. 多摩市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 相模原市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 朝霞市の猫

お知らせ

▶このブログは日本語で記述されています。メインメニューから他の言語を表示することもできますが、Google翻訳を使用しており正確性は保証されません。這個部落格以日文撰寫。從主菜單中可以查看其他幾種語言。這些語言由Google翻譯、不保證準確性。This blog is written in Japanese. Several other languages can be viewed from the main menu below. These are translated by "Google Translate" and accuracy is not guaranteed.

▶ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 立川市の猫

    2024.2.28

    転がる古馴染
  2. 川崎市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 浦安市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫
  7. 新宿区の猫

    2024.2.19

    雨の逢瀬
  8. 甲府市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP
一日一猫の更新情報を受け取りますか? 受け取る 結構です