夜勤明けのささやかな寄り道(1)


川崎市の猫

 東京都から出るなとのお達しが少なくともあと1ヶ月続くが、会社指定の通勤経路である京王相模原線は、京王稲田堤と若葉台付近のそれぞれ1.5kmが神奈川県川崎市にはみ出ている。特に京王稲田堤はJR南武線との乗り換え駅であり、電車を降りずに済ますことは不可能で、そのついでに同じ川崎市内にちょいと寄り道することは、通勤経路からの大きな逸脱とは言えないはずである。そのような希望的観測のもと、今日の夜勤明けの散歩は鶴見線沿線へと足を延ばしてみた。なお川崎市の面積がどれだけ広いかというようなことについては、住民でもない俺の関知するところではない。
 日中帯の南武支線や鶴見線は列車本数が少なく、正直に10時まで働いてから向かったのでは帰宅が遅くなるため、1時間早退して9:33発の急行で唐木田を出発。登戸、尻手、浜川崎と乗り換えて、目的地に到着したのは10:47だった。
 結果を先に書いておくと、会えた猫の数はぼちぼちというレベル。2回に分けて載せることにはなったが、それは帰宅途中に見かけた近所の猫2匹の助けがあったからだ。昨日、ワイシャツの上にコートを着て出勤するというミスを犯したため、北風が強くて気温も7〜8℃だった今日の散歩は寒くて一箇所に長く留まることができず、会いたい猫に会うことも叶わなかった。
 今日紹介するの最初の駅で見かけた4匹。高みの真っ黒くろすけは突然の来訪者に目を丸くしている。
川崎市の猫

 黒を写す時は背景に空なんか入れちゃダメなんだけどね。分かっちゃいるけどやめられない。
川崎市の猫

川崎市の猫

 簡素な改札の向こうにも1匹。ここは無人駅なので人も猫も出入り自由だ。
川崎市の猫

 おお、君は常駐のキジトラだね、元気にしてたか。
川崎市の猫

川崎市の猫

 改札を背中にして振り返るとこんな感じ。
川崎市の猫

川崎市の猫

 警戒して身を低くした。初めての子だと思うが、ここの猫は入れ替わりが激しいので、なかなか過去ログを調べ切れない。
川崎市の猫

 黒白を撮って改札を抜けると茶トラが増えていた。
川崎市の猫

 キジトラとはとても仲がいいみたい。尻尾で分かるね。
川崎市の猫

川崎市の猫

 今日のところはここまでにして、後半で次の駅へ進むことにする。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 江東区の猫

お知らせ

3月17日(水)8:00〜20:00、メンテナンスのためサーバを停止します。メンテナンス中はブログへのアクセスを含め、kichijoji.gr.jpに関するすべてのサービスが停止します。あらかじめご了承ください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 川崎市の猫

    2021.3.4

    春の朝の猫
  3. 多摩市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 多摩市の猫
  7. 立川市の猫

    2021.2.23

    ルーツ
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP