明日の風は吹いていた


昭島市の猫
 

 ありがたいことに時々コメントをいただくようになり、それに混じってスパムコメントも増えてきた。今日は英語で書かれた文中に「Nike」という文字列を見つけて、珍しく英語圏の猫好きがコメントを寄越したかと思って読んでみたら、「二毛」ではなく「ナイキ」のアフィコメントなのだった。
 昨日は都心方面で散歩したあと一旦家に戻り、再び夕方から出かけて多摩センターで飲んで来た。職場があちら方面なので、今回のような歓迎会などといったイベントは、どうしても多摩センターが多くなる。休みの日までそんな色気のない街に行くのは億劫だったが、俺も配属された時は歓迎してもらったわけで、してもらったことは、してあげなければならないんである。
 飲み会に出かける時に、明日(つまり今日)の夜勤前に載っけるネタを探しておこうと思って、薄暗くなった猫道路に寄ってみた。
昭島市の猫

 尻尾すごいな。ほぼ垂直。
昭島市の猫

 こいつは見たことある! 時々うちの屋根に登ってくる猫だ。首輪をしているから、どこかで飼われているんだろうけど、ずいぶん行動範囲が広いんだな。
昭島市の猫

 塀の奥からもう1匹登場。
昭島市の猫

 現れるなりお澄まし顔の再開発1号。
昭島市の猫

昭島市の猫

 駅近くのプチ繁華街でも2匹見かけた。光線状態がアレなので、裏に回ってみよう。
昭島市の猫

 何度も何度も通っている場所なのに、この2匹に会うのは約5ヶ月ぶり。というか、この場所で猫に会うのも久しぶりだった。以前はタキシード1号をはじめ、何匹もの顔なじみがいたんだが、ある時期を境にまったく見なくなっていた。
昭島市の猫

 ほかの猫たちの消息は気になるが、とりあえずこいつらには明日の風が吹いていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 太麻里郷の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  2. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  3. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫

    2020.6.27

    保護土嚢
  6. 立川市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 八王子市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP