黒コンビ・茶コンビ


日野市の猫

 四国・台湾猫旅まで1ヶ月を切り、東京から高松へ向かうサンライズのほか、台湾国内の宿や列車も徐々に予約を進めて旅程が確定しつつある。あらかじめガチガチに固めてしまうと、現地で想定外のことが起きた時に対応が面倒なのだが、台湾には何度も渡航しているので、それらを含めて楽しむ余裕ができている。これは俺の経験や心がけだけでできることではなく、そもそも台湾という国が安全で、そこに暮らす人々が親切だからこそでもある。猫旅として赴くのは今度が最後になると思うが、北海道の故郷に何も残っていない今、それに近い感情を持てる場所を得られたことは幸せだった。
 20日にほぼ夏日だった気温はかつてないレベルで変動し、今朝は0.8℃まで下がって雪が降った。夜勤を終えた9時には霙に変わっていたものの気温は1.7℃と低いままで、夜になるまで2.0〜2.6℃の範囲でほとんど変わらなかった。こんな日ではあったが今日は仕事帰りに平山の床屋で髪を切り、そのついでに猫ヶ丘を一回りして2組4匹の猫に会ってきた。厚着していたのでもっと頑張れるかと思ったが、髪を切った直後では寒くて無理だった。
 最初の猫グループは定点の黒コンビ。さほど強い降り方ではないからか、猫ボックスから出て人待ち顔で座っている。
日野市の猫

日野市の猫

 少し離れて相方もいた。見た感じだとまだ冬毛のようだな。
日野市の猫

 2〜3日前はワイシャツで腕まくりしても暑かったのに、今日は雪が降っちゃってホントどうかしてるよ。
日野市の猫

日野市の猫

 こんな天気の日、昔は窓桟に張り付いているのをよく見かけたけど(一例)、この2匹は横幅が大きいから無理みたい。
日野市の猫

 2匹の黒をカメラに収めて坂道を下りていると、梅の花の向こうに猫が見えた。
日野市の猫

日野市の猫

 呼んでも来ないクリームを諦められず、その辺を一回りして戻ったら巡回に出ていた。
日野市の猫

日野市の猫

 にゃーんと鳴きながらもう1匹が駆けてきた。
日野市の猫

日野市の猫

 先週と同じパターン。この子たちは親子なのかも。
日野市の猫

日野市の猫

 先週は5m離れたところでカメラを向けたら3秒で逃げた。今日は3mぐらいまで行けたし逃げ切らなかったので、桜の咲くころには指で挨拶できているはず(ホントか)。猫ヶ丘で懐いてくれるのって夏のお嬢さんぐらいなので、この子もそうなってくれたら嬉しいんだけどな。
日野市の猫


関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 青梅市の猫
  3. 小平市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 小田原市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

▶このブログは日本語で記述されています。メインメニューから他の言語を表示することもできますが、Google翻訳を使用しており正確性は保証されません。這個部落格以日文撰寫。從主菜單中可以查看其他幾種語言。這些語言由Google翻譯、不保證準確性。This blog is written in Japanese. Several other languages can be viewed from the main menu below. These are translated by "Google Translate" and accuracy is not guaranteed.

▶ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。AI学習用のWebクローラーはすべて拒否しています。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。這台伺服器拒絕所有用於AI訓練的網路爬蟲。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. This server denies all AI training web crawlers.

Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 日野市の猫
  3. 阿里山郷の猫
  4. 嘉義市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 稲城市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 日高市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP
一日一猫の更新情報を受け取りますか? 受け取る 結構です