房総猫旅(3)


銚子市の猫

「この辺りに泊まるところはあるのかな」
「この辺りに泊まるところはないのだよ」
 とばりの下りた大原駅前に人影はまばらで、客待ちのタクシー運転手からはつれない返事。いすみ市の中心駅だから、多少は栄えた街だろうとの思惑は見事に外れた。
 考えていても仕方がないので、確実に宿のある街へ移動することにして駅に戻ると、ちょうど東京行きの特急「わかしお26号」が来る時間だった。これに乗って大網で乗り換えれば、そう遅くない時間に銚子に着けるに違いない。ということで、急遽銚子へ向かうことにして特急列車に飛び乗った。
 大網と成東で乗り換えて、銚子に着いたのは20:35。駅前の商人宿は満室だったが、女将に近所のビジネスホテルを教えてもらって無事投宿。その夜は風呂にも入らずさっさと寝た。
 翌28日は5時半起床。この日はまず銚子電鉄で外川へ行くことにして、6時半前に出発した。宿を出てすぐ、朝帰りと思われる猫に遭遇。幸先がいいな。
銚子市の猫

 銚子の市街地は、あとでまた散歩しに来るよ。
銚子市の猫

 用のなくなった三脚その他が邪魔なので、カメラだけ持って、あとの荷物は駅のコインロッカーにポイ。銚子電鉄に乗って外川には7:12に着いた。恐らく訪れるのは25年ぶりぐらいと思われる漁師町を港に向かって歩いていると、坂道で小さいのを見つけた。
銚子市の猫

 後ろにいるのはお母さんかな。お嬢ちゃんの写真を撮らせてくださいな。
銚子市の猫

「おめかしするから待ってー」
銚子市の猫

「目線はこんな感じ?」
銚子市の猫

 いや、普通でいいんですけど……。
銚子市の猫

 お母さんも美人だね。
銚子市の猫

 一通り母子を撮って振り返ると、茶トラ白が坂を登ってきた。
銚子市の猫

 今朝もとてもいい天気。あまり暑くなると困るんだけど、海辺のせいか風が冷たくて気持ちがいい。坂を登ってきた茶トラ白も、階段で日なたぼっこしている。
銚子市の猫

銚子市の猫

 全国どこを旅しても、海辺の街はふるさとの匂いがする。磯臭くて、街が赤茶けていて、住んでいる人は大らかで人懐っこい。この日もたくさんの人と会話を交わした。
銚子市の猫

 きょろきょろしながら坂道を降りていると、駐車場に2匹の猫を発見。これは分かりやすいな。
銚子市の猫

 某有名アヒル像と並ぶ猫。
銚子市の猫

 三毛は草むらで丸くなっていたが……、
銚子市の猫

 シャッター音で飛び起きた。
銚子市の猫

「やーね、女の子の寝姿を撮るなんて」
銚子市の猫

 次に見かけたのは逆光の道端に佇む茶トラ。
銚子市の猫

 順光位置に移動してみたけど逃げないね。
銚子市の猫

銚子市の猫

 来た来た。
銚子市の猫

 久しぶりな俺のお尻と猫。人懐っこい子って、この位置に後ろ向きに収まることが多い。これが安心できる角度なんだろうか。
銚子市の猫

 ごろーん。
銚子市の猫

 いつまでも遊んでいられそうな子だった。外川の猫散歩はもう少し続く
銚子市の猫

 房総半島・猫旅の第3回はここまで。明日は、仕事帰りの猫散歩で猫がいればそちらを優先。いなければ続きを載せる予定。
銚子市の猫

関連記事一覧

  1. 調布市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 所沢市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 奥多摩町の猫
  3. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  4. 日野市の猫
  5. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  6. 宮古市の猫
  7. 久慈市の猫
  8. 三鷹市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP