鶴見川が渡れない(街猫編)


横浜市の猫

 今日も激しく偏頭痛……。せっかくの休みが一日無駄になってしまった。布団の中で唸っていると、我が家の2匹が「お腹空いたー」とか「遊べー」とか言って交互にやって来る。そのたびに肉球でつついたり舌で舐めたりされるので、落ち着いて休んでいられない。お願いだから放っといてください。
 猫写真は昨日の続き。徒歩や電車で鶴見線沿線を移動しつつ、次に訪れたのも無人駅。比較的多くの猫が住むことで有名な駅だが、13時前でと猫のお昼寝タイムだったせいか、見かけたのは常駐メンバーの長毛二毛だけだった。
横浜市の猫

 駅構内を10分ほどうろうろしていたら、長毛二毛が起きてきた。
横浜市の猫

横浜市の猫

 起床するにはまだ早かったらしく、寝ぼけている。このあと植え込みの下に潜り込んで、再び惰眠を貪っていた。
横浜市の猫

 運転本数の少ない鶴見線に付き合っていたのでは効率が悪いので、鶴見駅まで街なかを散歩することにした。猫のお昼寝タイムでもあり、初めて歩く街でもあり、それほど期待していなかったが、歩き始めて10分ほどで最初の1匹を発見。
横浜市の猫

 毛繕い中だった灰白。警戒しているね。
横浜市の猫

横浜市の猫

 少しずつ近寄って、なんとかアップまでこぎ着けた。顔立ちは若そうに見えるけど、去勢済みらしい。耳カットはこのぐらい控えめなのがいいね。たまに施術者の美的感覚を疑うすごいのを見かけることがある。
横浜市の猫

 次の猫もすぐに見つかった。
横浜市の猫

 こいつも灰白っぽいけど、まだら遺伝子Iが入って、スモークになっているようだね。ブルースモークだとしたら珍しいかも。
横浜市の猫

「あまりじろじろ見ないでくれよ。照れるじゃんか」
横浜市の猫

 プランターの上で日なたぼっこ中のキジ白。なんかこの街たくさんいるんですけど。
横浜市の猫

「今日はほどほどの天気だから、たくさん出ているかもな」
横浜市の猫

「これも何かの縁だ。堪能して行きなさい」
横浜市の猫

 次の猫は車の下でお昼寝中。
横浜市の猫

横浜市の猫

 不用意に近寄って微妙に逃げられたりしているところへ、もう1匹追加。溜まり場のようだね。
横浜市の猫

「今の時間はだいたい出払っているんだよ」
横浜市の猫

「あ、写真は勘弁ね。カメラ怖いから」
横浜市の猫

 出払っているうちの1匹が戻ってきた。
横浜市の猫

横浜市の猫

横浜市の猫

 先客の2匹とはあまり仲が良くないらしく、手持ち無沙汰な様子のキジ白。街猫散歩はまだまだ続く
横浜市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 羽村市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 八王子市の猫

    2021.10.24

    谷間の父と母
  3. 昭島市の猫
  4. 奥多摩町の猫
  5. 三浦市の猫

    2021.10.21

    東京脱出(3)
  6. 府中市の猫
  7. 昭島市の猫
  8. 三浦市の猫

    2021.10.17

    東京脱出(2)

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP