駆け寄ってごろごろ


府中市の猫

 都心はほとんど解けたのかも知れないが、多摩の方はまだまだ街なかにも雪が残っている。泥や埃にまみれて黒くなった雪が、解けた水と混ざってぐちゃぐちゃになっている様子は、春先の北海道によく似ている。俺が住んでいた当時はスパイクタイヤが禁止される前だったので、道路からの粉塵も合わさって、それはそれは汚らしい光景だった。ただ、そんな泥まみれの雪の下からフキノトウが覗いていたりもして、北国ならではの春の情緒と言えなくもなかった。
 今日の夜勤前の散歩も、そんな雪解けの街なか。谷保から古墳の神社に至るコースを1時間ほどかけて歩いてみた。谷保駅近くのスクーター二毛は珍しく不在で、最初に見かけたのは路地に佇む三毛だった。
国立市の猫

国立市の猫

 舌を鳴らしたら、鳴きながら近寄ってきて、ごろーん開始。細い路地は一直線に近寄るほかなく、逃げられるかなと思ったけど、意外に人懐っこかった。
国立市の猫

 ごろーん。
国立市の猫

国立市の猫

 「かっかっ」ともどかしそうな声を出しながら、鳥を見上げる三毛。毛色はブルーとクリームのクラシックタビーかな。顔立ちも特徴的。
国立市の猫

 写真を撮っている傍らを、近所の人らしきおじさんが通過。駆け寄って行ってごろごろしている。
国立市の猫

 ずいぶん懐いているなー。可愛がられているんだな。
国立市の猫

 曇って寒い街なかではほかに猫は見かけず、歩いているうちに古墳の神社に着いてしまった。濡れ縁の下に1匹出ているね。
府中市の猫

 縁の下から黒いのも現れた。
府中市の猫

 茶色いのも登場。あれは野良から飼い猫に昇格したクラシックタビーの方だな。
府中市の猫

府中市の猫

 とことこ。
府中市の猫

 境内を不審者チェック中の茶渦白。
府中市の猫

 黒はその場できょろきょろしている。いつも一緒にいる猫たちだけど、微妙な力関係があるのかも知れない。
府中市の猫

 不審者チェックを終えた茶渦白が家に戻ってきた。
府中市の猫

府中市の猫

 あとはほかにすることもなく、手持ち無沙汰な感じの茶渦白。今日の猫は2箇所5匹だった。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 朝霞市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  2. 府中市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 相模原市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  7. 昭島市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP