やっぱり靴が好き


昭島市の猫

 梅雨の始まりが近いことを予感させる高温多湿な一日だった今日は、もともとどこにも出かけずに家でごろごろするつもりだったが、急に気が変わって、朝のうちに近所を一回りしてきた。というのも、今朝未明、我が家の窓の下をダミ声の黒白が通過したらしく、我が家の2匹がそわそわして落ち着かなかったからだ。窓から顔を出してみたものの、真っ暗でほとんど見えなかったが、長きに渡る猫との付き合いで俺には分かる。あの気配はたぶんダミ声だ。前回現れた時のように、マコちゃんの遠吠えが始まるかと思ったが、今回は大人しくしていた(遠吠え動画はこちら。音声注意)。
 そんなわけで、ダミ声の拠点と思われる、再開発ファミリーの縄張りにやって来たのは8時すぎ。紫陽花の下に1匹潜んでいるね。
昭島市の猫

 おー、出てきた出てきた。
昭島市の猫

 回り込んでー、
昭島市の猫

 ごろーん。
昭島市の猫

 ごろーん。
昭島市の猫

 再開発ファミリーには、人懐っこい黒と人懐っこくない黒が、それぞれ複数いる。そのため、どれがどれだが見分けるのは極めて困難だ(ていうかもう見分ける気なし)。
昭島市の猫

 興味深げにうしろで見ていた鼻黒の黒白。再開発3号にそっくりだから気づかなかったけど、この子は初めてかなあ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 騒ぎを聞きつけて現れたのは再開発3号。今日はお休みだから、ゆっくり遊ぼうか。
昭島市の猫

 そんな様子を遠くから眺める再開発1号。
昭島市の猫

 「僕はもう大人だからね。子供っぽい遊びには興味ないや」
昭島市の猫

 ……だってさ。じゃあ俺たちだけで遊ぼうか。
昭島市の猫

昭島市の猫

 どこからか現れたキジトラも参戦。
昭島市の猫

 ほらっ、猫じゃらし! 楽しいねー。
昭島市の猫

 猫じゃらしで遊んでいる足元はこうなってる。黒は靴が大好きらしく、興奮して爪がマックス。
昭島市の猫

 美しくない絵でどうもごめんなさい……。靴好きなのは我が家の2匹も同じで、出かける時はいつも靴が毛だらけだ。あれは一体どういう習性なんだろうな。
昭島市の猫

 道路予定地で遊び回る様子を、人懐っこくないグループの猫たちが眺めていた。草むらにも何匹も潜んでいて、今日の再開発ファミリーは大盛況だった。
昭島市の猫

 3号似の子もまだおっかなびっくり。でもこの子は時間をかければ行けそうな感じ。
昭島市の猫

 あれ? 1号が来た。子供っぽい遊びには付き合わないんじゃなかったの?
昭島市の猫

 「あー面白かった。それじゃ疲れたからお昼寝しようっと」
昭島市の猫

 「なんだよ、終わっちゃったのか……」
昭島市の猫

 見送りに出てきた黒のうしろで、一人ごろーんを始めた1号。それじゃあとはよろしくね。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 嬬恋村の猫
  2. 福生市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 羽村市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 高雄市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 調布市の猫

    2020.4.7

    お焦げさん
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  6. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  7. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  8. 多摩市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP